新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ オデッセイ (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ホンダ オデッセイ (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/02/14)

ホンダ オデッセイ |ニューモデル試乗

初の両側スライドドアを採用した5代目オデッセイ。従来のモデルが持つ走行性能や燃費の良さに加えて広さや使い勝手が追及された1台だ

二回り小さいスポーツセダンのようなハンドリング

ややハードな乗り味は好みが分かれる点

初の両側スライドドアを携えて登場した5代目オデッセイの、ハイパフォーマンスグレードであるアブソルートのFF仕様に試乗した。

まず、強く印象に残ったのはハンドリング。二回り小さなスポーツセダンのようにヴィヴィッドだ。電動パワーステアリングの切り込んだ後の戻り具合も良い。ねっとりとした油圧パワーステアリングのようなフィールの良さが感じられる。

昨今のホンダはスポーティな味付けが売りのひとつであるが、オデッセイがここまでコンフォートをスポイルしてハンドリングに振るのは想像していなかった。

剛性を高めたブッシュ類によってハンドリングの雑味を抑制するとともに、路面からのインフォメーションがドライバーに伝わり、意のままに操縦することができる。一方で、サスペンションが吸収できない振動が乗員に振れとなって表れる。このセッティングには一長一短があり、ミニバンに求める乗り心地としては好みが分かれるだろう。

両側スライドドアを装着しながら、ここまでボディ剛性を向上させたのは評価できる。剛性を上げた分の重量増による横揺れを最小限に抑えるセッティングも施されている。

だが、高速走行時におけるリアサスペンション取り付け部の車内側からの振動は消しきれず、乗員はそれをジャブのように感じ続けることになる。

ホンダらしく心地よい音の新開発2.4Lエンジン

新開発2.4Lエンジンは、CVTとの組み合わせで力強い。回転が向上した時に奏でるエンジン音はホンダらしくすこぶる心地よい。だが、タイヤのマッチングもあるが、高速道路でロードノイズが大きい。

扁平率が45%の18インチタイヤはコンフォートよりも見た目とスポーティさに重点が置かれている。プラットフォームの潜在能力は高いだけにこれからの成熟に期待できるモデルである。

ハイパワーエンジン搭載のアブソルートは、バンパーなどの見た目も標準車と異なる。ボディーカラーも標準車は6色から、アブソルートは7色からの選択となる

ハイパワーエンジン搭載のアブソルートは、バンパーなどの見た目も標準車と異なる。ボディーカラーも標準車は6色から、アブソルートは7色からの選択となる

標準車/アブソルートともに、エンジンは2.4Lのレギュラーガソリン仕様。最高出力はアブソルート(FF)が190psとなる

標準車/アブソルートともに、エンジンは2.4Lのレギュラーガソリン仕様。最高出力はアブソルート(FF)が190psとなる

インテリア色は、アブソルート(写真)が黒、標準車は茶・アイボリーを基調とする。それぞれ一部グレードにはオプションで本革シートの設定も

インテリア色は、アブソルート(写真)が黒、標準車は茶・アイボリーを基調とする。それぞれ一部グレードにはオプションで本革シートの設定も

SPECIFICATIONS
グレードBアブソルートアブソルートEX
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4830×1800×16954830×1820×16854830×1820×1715
ホイールベース(mm)2900
車両重量(kg)170017501830
乗車定員(人)8
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)2356
最高出力[kW(ps)rpm]129(175)/6200140(190)/6400136(185)/6400
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]225(23.0)/4000237(24.2)/4000235(24.0)/4000
JC08モード燃費(km/L)12.414.013.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/55レギュラー/50
車両本体価格(万円)249.0295.0373.0
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027