新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ ヴェゼル (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ホンダ ヴェゼル (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/02/21)

ホンダ ヴェゼル |ニューモデル試乗

クーペのような流麗なフォルムを取り入れたエクステリア。アイポイントを一般のセダンより100mm高く設定

スポーツSUVの名に恥じないソリッドな乗り味

ハイブリッドの4WDのバランスの良さは秀逸

試乗したのは17インチホイールが装着されたHYBRID Zとガソリン仕様のX(共にFF)、4WDはHYBRID X Lパッケージの3タイプ。

全てに共通しているのは、シャシーが非常にソリッドでスポーツSUVの名に恥じない性能を持っている点だ。サスペンションはストロークが抑えられ、車体が軽やかに動く設定となっている。

だが、HYBRID Zの17インチ仕様(FF)の乗り味は、しなやかさに乏しく突き上げ感がある。テールゲート周辺に発生する耳障りなバイブレーションも気になった。

本来なら、バッテリーを搭載したハイブリッド車は重量が増え、その分乗り味はしなやかになるはずである。そこがFF仕様のリアに採用された車軸式サスペンションの限界なのかもしれない。

一方、100kgほど車重が軽いガソリン車のX(16インチ仕様)は、サスペンションセッティングが決まっており、コンフォートとスポーツドライビングが両立されていた。HYBRID Xの4WD(17インチ仕様)も非常にバランスが良い。

4WDのみ採用されているド・ディオン式のリアサスペンションは、ホンダが得意としている形式で、しっかりとよく動き、乗り味もFF仕様に比べしっとりとしてバッテリーの重みによるピッチングも感じられない。

4WDの制御はFFベースだが、ツイスティーな道ではリアにも積極的に動力を配分する。4WDらしい安定感のあるハンドリングも実現されていた。

フィーリングが良く、心地良い1.5Lエンジン

ヴェゼルに搭載される1.5Lエンジンは燃費を重視した仕様だがフィーリングが良く、心地良い。特にHVに搭載されるデュアルクラッチは、シフトアップ毎に心地よさを感させてくれる。

このクラスにして唯一のハイブリッドSUVでありしかも本格的なスポーティなハンドリング。売れ筋はHYBRIDのFF仕様であるが、価格的に許されれば、4WD仕様も捨てがたい。

ガソリン車は1.5LエンジンにCVT、ハイブリッド車は1.5Lエンジン+モーターに7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)がそれぞれ組み合わされる

ガソリン車は1.5LエンジンにCVT、ハイブリッド車は1.5Lエンジン+モーターに7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)がそれぞれ組み合わされる

運転席は往年のスポーツカーのようにタイトな包まれ感を演出。電子制御パーキングブレーキなど上級装備も奢られている

運転席は往年のスポーツカーのようにタイトな包まれ感を演出。電子制御パーキングブレーキなど上級装備も奢られている

後席を倒さずにも393Lの容量を確保するラゲージ。後席背面を前倒すればフラットでさらに広い荷室空間が生まれる

後席を倒さずにも393Lの容量を確保するラゲージ。後席背面を前倒すればフラットでさらに広い荷室空間が生まれる

SPECIFICATIONS
グレードGGHYBRIDHYBRID X Lパッケージ
駆動方式FF4WDFF4WD
トランスミッションCVT7AT
全長×全幅×全高(mm)4295×1770×1605
ホイールベース(mm)2610
車両重量(kg)119012701380
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+モーター
総排気量(cc)1496
最高出力[kW(ps)rpm]96(131)/660097(132)/6600+22(29.5)/1313-2000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]155(15.8)/4600156(15.9)/4600+160(16.3)/0-1313
JC08モード燃費(km/L)20.619.027.021.6
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/40
車両本体価格(万円)187.0208.0219.0268.0
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Eクラス de|世界初の「ディーゼル+プラグインハイブリッド」の乗り味はスポーツセダンそのもの!(2020/02/07)
【試乗】アウディ TTロードスター|成熟した大人のオープンカー。サスペンションの動きに進化を感じる(2020/02/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027