新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ A3セダン(大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

アウディ A3セダン(大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/02/24)

アウディ A3セダン

繰り返しながら、乗り心地、ハンドリング、ドライバビリティ、静粛性のすべてに大満足。そんななかひとつだけ注文をつけるとすれば後席のヘッドルームがスポーツバックに及ばない点。それでも拳が横に入るから、天井に頭が触れる某競合車よりはずっと広い

ゴルフから生まれたプレミアム・スポーティセダン

優れたデザイン力はいまも健在

ご存じのとおりアウディ A3とVW ゴルフは兄弟モデル。「だったら値段の安いゴルフを買ったほうが得じゃない? 」という考え方も成り立つが、あれだけ評価の高いゴルフ7を出発点として、そこからさらに走りと内外装のクオリティを磨き上げたとなれば、A3への期待は否応なく膨らむというもの。実際、ハッチバックボディは「さすがアウディ」と思わせるだけの完成度を備えていた。では、その3ボックス版はどうだったのか?

この種の成り立ちを持つCセグメントセダンは、とってつけたような短めのトランクを持つのが通例で、これがスタイリング全体の“寸詰まり感”を生み出していた。A3セダンもトランクは短めだが、ドアハンドル、シングルフレームグリル、ドアミラー、ヘッドライト以外はA3セダンのために作り直したというだけあって、エクステリアデザインは流れるように伸びやかで、バランスもいい。それでいながらスポーティなエレガントさも表現できている。

アウディの優れたデザイン力はいまも健在のようだ。

ゴルフをベースにさらに進化

乗り心地とハンドリングのバランスでは、このクラスの新たな基準を打ち立てたといっていい。

ゴルフ譲りの快適性を備えつつ、ハンドリングは明らかにスポーティ。それでもロードノイズはゴルフと変わらないレベルを維持しているのだから恐れ入る。エンジンも同様で、トップエンドまで回してもちっともうるさいと感じない。この辺もゴルフ7をベースにし、さらに進化させたという印象だ。

エンジンはクワトロを優先すると自動的に1.8Lなるが、それさえ諦められるなら気筒休止機構付きの1.4Lがお勧め。ボトムエンドでもトルクは分厚く、ウエット路面では2速でもホイールスピンするほどの力強さ。しかも高速燃費は20km/Lを超えそう。DCTのSトロニックはスポーティな走りにぴったりだ。

LSDと同等の機能をもつESCを標準装備。走行モードが選べるアウディドライブセレクトは1.4TFSI以外に備わる

LSDと同等の機能をもつESCを標準装備。走行モードが選べるアウディドライブセレクトは1.4TFSI以外に備わる

インターネット接続やWi-Fiスポットとしても使えるアウディコネクトをオプションで用意。ラゲージ容量は425Lとなり広さを確保

インターネット接続やWi-Fiスポットとしても使えるアウディコネクトをオプションで用意。ラゲージ容量は425Lとなり広さを確保

1.4TFSIのCOD付きと1.8TFSIの2グレードにはラリークロスと呼ばれるファブリックのスポーツシートが装着され、スポーティさを演出

1.4TFSIのCOD付きと1.8TFSIの2グレードにはラリークロスと呼ばれるファブリックのスポーツシートが装着され、スポーティさを演出

SPECIFICATIONS
グレード1.8TFSI quattro
駆動方式4WD
トランスミッション6DCT
全長×全幅×全高(mm)4465×1795×1390
ホイールベース(mm)2635
車両重量(kg)1470
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1798
最高出力[ps/rpm]180/4500-6200
最大トルク[N・m/rpm]280/1350-4500
車両本体価格(万円)410
Tester/大谷達也 Photo/河野敦樹
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
6
up
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
7
down
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
8
up
【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス(2019/09/20)
9
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
10
up
【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群!(2019/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027