新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ロータス エヴォーラS スポーツレーサー (石井昌道)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ロータス エヴォーラS スポーツレーサー (石井昌道)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/03/03)

ロータス エヴォーラS スポーツレーサー|ニューモデル試乗

様々なスポーツカーを乗り倒してきた人ほど、ロータスのシャシー性能の奥深さがわかるはず。また、ポルシェではなく、あえてロータスをチョイスするのはかなりの高等技だろう。酸いも甘いも知り尽くした大人のスポーツカー乗りのための、通な選択肢なのだ。

シャシー性能フェチに試してみてもらいたい!

視覚的なスポーティさを施したお得モデル

エリーゼよりも上級のスポーツカーとして2008年に登場したエヴォーラ。2014年モデルは内外装を中心に品質改善が施されたが、大きなトピックスはスーパーチャージャー・エンジン搭載のエヴォーラSでもIPS(オートマチック)が選択できるようになったことと、価格が従来に比べて2シーターで110万5000円、2+2で112万5000円引き下げられたことだ。

また、ルーフやフロントスポイラーをはじめ随所にブラックがあしらわれ、インテリアのレザーにはステッチが入るなど視覚的にスポーティにされたスポーツレーサーという新たなグレードが追加。こちらには81万4000円分のオプションが標準装備されるので、これなら以前に比べて200万円近くお買い得だ。

舌の肥えたスポーツカーファンに

今回はエヴォーラS IPSスポーツレーサーに試乗。エンジンは相変わらずトヨタ製とは思えないほどレーシーなサウンドで、400N・mの頼もしいトルクも、鋭い回転上昇感も素晴らしい。トルコンATながらダイレクト感や変速レスポンスもまずまずでイージーにもスポーティにも操れる。

エリーゼやエキシージに比べると上級なスポーツカーだというエヴォーラのコンセプトには最も適したモデルだろう。しなやかで上質なストローク感によって乗り心地も極上ながら、ハンドリングマシンとしても超一級。そのシャシー性能はポルシェ・ケイマンと比べても一歩もひけをとらないほどに高いレベル。

ぜひとも舌の肥えたスポーツカーファンに味わってほしい。

ルーフ、フロントスプリッター、サイドシル、リアディフューザーをブラックとし、より精悍でスポーティな外観を演出している

ルーフ、フロントスプリッター、サイドシル、リアディフューザーをブラックとし、より精悍でスポーティな外観を演出している

スポーツレーサーは2+2のシートレイアウトが標準となる。さらにプレミアム・スポーツシートが標準装備となりプレミアム感とスポーティさが演出される

スポーツレーサーは2+2のシートレイアウトが標準となる。さらにプレミアム・スポーツシートが標準装備となりプレミアム感とスポーティさが演出される

エンジンはSと同様に、スーパーチャージャーを備えチューンを施されたトヨタ製3.5LのV6。350ps、400N・mを発生する

エンジンはSと同様に、スーパーチャージャーを備えチューンを施されたトヨタ製3.5LのV6。350ps、400N・mを発生する

SPECIFICATIONS
グレードS SPORTS RACER
駆動方式MR
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4380×1850×1230
ホイールベース(mm)2575
車両重量(kg)1460
乗車定員(人)4
エンジン種類V6DOHCスーパーチャージャー
総排気量(cc)3456
最高出力[ps/rpm]350/7000
最大トルク[N・m/rpm]400/4500
車両本体価格(万円)1100
Tester/石井昌道 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027