新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ カローラ ルミオン 【新型車】 / navi

クルマニュース

トヨタ カローラ ルミオン 【新型車】 / navi

(2007/11/26)

カローラの新提案だが、その上を行く走りの良さが魅力

(Tester/島崎七生人 Photo/尾形和美)
コンセプト
北米向けサイオンxBを日本市場用にアレンジ
トヨタ カローラルミオン フロント|ニューモデル試乗トヨタ カローラルミオン リア|ニューモデル試乗トヨタ カローラルミオン インパネ|ニューモデル試乗
顔と名前がまだ一致しない!? “デカbB”のほうが通りが良さそう!? ともかく、北米市場向けサイオンxB(=現地版bB)を日本向けに仕立てたモデル…である。カローラ一族を名乗るも、プラットフォームはオーリス/ブレイド系のそれ。ゆえにボディサイズも堂々と3ナンバーだ。

一見するとその箱形の外観はbB風。だが、ウネウネさせた余分なプレスラインなどがない分、スッキリした印象を受ける。ドア断面の張り、厚み感は、この車に力強いカタマリ感を与えている。四角っぽいが、角の丸みが質感を高めてもいる。とはいえサイドウインドが立っており、いい意味で実用車然としたフォルム。大人のユーザーが普段使いの道具として乗ってもイケそうである。
室内&荷室空間
居心地の良い独特な囲まれ感のある室内
トヨタ カローラルミオン フロントシート|ニューモデル試乗トヨタ カローラルミオン リアシート|ニューモデル試乗トヨタ カローラルミオン スピーカー|ニューモデル試乗
室内の居心地は独特。運転席に座ると、インパネやベルトライン(サイドウインドウ下端)が高め、ルーフが低く落ちた印象で(頭上空間自体は十分)、やや穴蔵(あなぐら)感あり。インパネはセンターメーター風のあっさりとしたデザイン。ドライバー正面のフードから連なるデッドスペースは削ってあればよりスッキリしそう。4連メーターの位置と並びは左ハンドルに対し裏返してある。

後席は座面が床に対しやや低めで前席同様、目線に対し窓が高め。しかし空間は余裕があり座面を持ち上げると収納スペースが用意されるなど、利便性にも配慮。バックドアは手応えのあるダンパーに支えられている。ラゲージは、有効スペースが広く平らなうえ、奥行きがあって良い。
ドライブフィール
軽快な走りの1.5L、さらに重厚な走り味の1.8Lもいい
トヨタ カローラルミオン 走り|ニューモデル試乗トヨタ カローラルミオン アルミホイール|ニューモデル試乗トヨタ カローラルミオン ラゲージ|ニューモデル試乗
エンジンは1.5Lと1.8Lの2機種を設定。動力性能は1.5Lでも不満は感じず、CVTの自動変速に任せて走らせてもストレスはなかった。ステアリングも適度な軽さで走りっぷりは、言葉で表現すると軽快でさわやかといったところ。

一方で1.8Lは、1.5Lから乗り替えると、アイドリング時の振動の少なさからその“差”を実感する。動き出しのしっとり感も1.5Lを上回る。さらに加速させると、エンジンを許容範囲手前まで無理なく回しながら走ることもでき、その際のノイズも十分な低さだ。1.5Lよりステアリングが重めに感じることもあり、走りっぷりの重厚感もある。オプション設定される16インチタイヤがわずかにゴツつくも、ピッチングがよく抑え込まれているため快適である。
こんな人にオススメ
“大人のふりかけ”ならぬ“大人のbB”だと思った。大人でも決して気恥ずかしくなく乗れ、外界からの守られ感があるのも安心材料だ。だとしたらオーリスに続きこのルミオンにこそ、アメリカつながりでTUMIバージョンを!とリクエストしておこう。レザーとナイロンのコンビのLXTラインなどベースにしたら似合うのではないだろうか?
主要諸元のグレード 1.8Sエアロツアラー
駆動方式 2WD
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4210×1760×1630
ホイールベース(mm) 2600
車両重量(kg) 1310
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1797
最高出力[kW(ps)rpm] 100kW(136ps)/6000rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 175N・m(17.8kg-m)/4400rpm
10・15モード燃費(km/L) 15.4
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラー/50
車両本体価格 1.8Sエアロツアラー(FF) 210万円
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027