新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル レヴォーグ (松本英雄)【プロトタイプ試乗】 / navi

クルマニュース

スバル レヴォーグ (松本英雄)【プロトタイプ試乗】 / navi

(2014/03/07)

スバル レヴォーグ |プロトタイプ試乗

サイズは現行型レガシィツーリングワゴンと比べ、全長が10mm短く、全高が45mm低い。全幅は両車とも1780mmとなる

運動性能、ハンドリング、静粛性ともにハイレベル

高級感さえ感じる新開発1.6L直噴ターボ

レヴォーグは、2013年東京モーターショーでお披露目された国内専用モデル。ステーションワゴンでありながらスポーツツアラーの要素を盛り込んだオンリーワンのスタイルが特徴だ。

エンジンは、新開発の水平対向4気筒1.6L直噴ターボユニットと、既にレガシィやフォレスターにも搭載されている2L直噴ターボユニット。両タイプともトランスミッションはリニアトロニックと言われるスバル特製のCVTが組み合わされる。

今回はプロトタイプということでサーキット内での試乗となったが、その完成度は量産仕様に限りなく近いものだった。

まず1.6GT EyeSightから。エントリーモデルであるが、そう思わせない作りの良さに、スバルの良心が窺える。エンジンは1.6Lとは思えない高級感がある。

アクセルの開閉度に応じて直噴ターボのトルクをCVTが連続的かつ最適なレシオで引き出すため、走りは極めてスムーズ。エンジン回転が抑えられているため、静粛性も申し分ない。

電動パワステアリングのフィーリングは自然でとても乗り易い。ホイールベースを縮めて全長を短くしたこともあって剛性は極めて高い。

足回りは、ロールを抑え狙ったラインをトレースできるよう、標準のGTでもハードなセッティングが施されている。

量産の最終仕様が楽しみな2Lターボモデル

高出力仕様の2Lターボモデルは、1.6Lのさらに上をゆくレベルに仕上げられている。特にGT-Sに装着されるビルシュタイン製ダンパーは、しなやかに減衰して硬いながらも角が取れたスポーツツアラーに相応しいフィールである。300psをものともしないシャーシである。

既存エンジンのキャリーオーバーだが、アップデートされていると思われる。よどみない出力特製は当初に搭載されたモデルとは明らかに違い、増々エンジンの深みが増した印象だ。

量産の最終仕様が楽しみな1台だ。

エンジンは1.6Lと2Lの直噴ターボ。新開発の1.6Lエンジンはレギュラーガソリン仕様、2Lエンジンはハイオク仕様となる

エンジンは1.6Lと2Lの直噴ターボ。新開発の1.6Lエンジンはレギュラーガソリン仕様、2Lエンジンはハイオク仕様となる

ステアリングはスポーティーな印象のDシェイプを採用。アイサイトは車線中央維持や車線逸脱抑制など新機能を追加したver.3に進化している

ステアリングはスポーティーな印象のDシェイプを採用。アイサイトは車線中央維持や車線逸脱抑制など新機能を追加したver.3に進化している

1.6L、2LのSグレードにはスバルファンにはお馴染みのビルシュタイン製ダンパーを標準化。しなやかさと高い剛性を確保している

1.6L、2LのSグレードにはスバルファンにはお馴染みのビルシュタイン製ダンパーを標準化。しなやかさと高い剛性を確保している

SPECIFICATIONS
グレード1.6GT EyeSight2.0GT-S EyeSight
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4690×1780×1485
ホイールベース(mm)2650
車両重量(kg)15401570
乗車定員(人)--
エンジン種類水平対向4DOHC+ターボ
総排気量(cc)----
最高出力[kW(ps)rpm]125(170)/-- 221(300)/-- 
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]250(25.5)/-- 400(40.8)/-- 
JC08モード燃費(km/L)17.413.2
ガソリン種類/容量(L)--/--
車両本体価格(万円) --  -- 
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
【Car as Art !】ボルボ XC60 48V HYBRID(2020/07/26)
【試乗】新型 ボルボ XC60 B5|人気モデルに待望のマイルドハイブリッド「B5」が登場!(2020/07/18)
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)

アクセスランキング

1
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
2
down
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
3
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
4
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
5
up
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
6
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
7
up
【試乗】新型 シトロエン ベルランゴ│商用車ではなかなか味わえない乗り心地のよさが◎(2020/06/29)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
down
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
10
up
【試乗】BMW 3シリーズツーリング 320d xドライブ ツーリングMスポーツ│軽快なハンドリングのワゴンにディーゼルの組み合わせは◎(2020/06/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027