新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ ノア/ヴォクシー (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ ノア/ヴォクシー (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/03/14)

トヨタ ノア/ヴォクシー|ニューモデル試乗

専用プラットフォームの採用やハイブリッドシステムの導入から、トヨタの力の入れようが窺えるモデルだ

目立たない部分でも高い“安心感”が追求された

6年間の熟成の成果が出ているエンジンの静粛性

6年ぶりのフルモデルチェンジを受け、3代目となったノア/ヴォクシー。5ナンバーサイズで最良の乗り心地を演出すべく専用のプラットフォームを採用したほか、ハイブリッドシステムを導入するなど、このモデルに対するトヨタの本気度が窺える。今回は2Lエンジン車とハイブリッドの2種類に試乗した。

まずは2Lエンジン車から。専用シャーシの恩恵で乗降は普通の乗用車感覚である。Aピラーの小さな三角窓の見切りも良い。エンジンは静粛性が極めて高い。

多人数乗車などで大きなトルクが必要になった場面でアクセルを踏み込んでも、エンジン音はノイズが抑えられざらついた感じがしないのも好印象。パワーユニットからドライブトレーンに及ぶ静粛性の向上は6年間の熟成の成果だろう。

またCVTとのマッチングも良く、極端に低燃費に振ったセッティングではないため、踏み込めば極めて自然な加速が得られる。

低床ボディの採用によってミニバンの負を解消

この手のモデルで大切な操縦安定性と乗り心地は、プラットフォームを低床にしたことで重心が下がり、安定感が増している。低床化は乗降性が良くなるだけでなく、安全面でも大きなメリットとなっているのだ。

ステアリングはとっさの操作でも終始落ち着いた姿勢を維持するような安定志向のセッティングだ。タイヤサイズは15インチ/16インチの2タイプだが、ともに極端な違いはなくキャラクターにあったセットアップと言える。

敷地内のみの試乗となったハイブリッド仕様であるが、プリウスのコンポーネントを使用しているため、モーター音や加速中のエンジン再始動の音と振動はとてもマイルドだ。ブレーキフィールも極めてリニアで扱いやすい。

“毒気”のある格好良さが追求されているヴォクシーのエクステリア。写真のZXはボディ寸法の関係から3ナンバーとなる

“毒気”のある格好良さが追求されているヴォクシーのエクステリア。写真のZXはボディ寸法の関係から3ナンバーとなる

ノア(ハイブリッド)のインパネ。シートはアイボリー(写真)とブルー&ブラックの2種類。また、ヴォクシーのZS(ガソリン車)のみオレンジ&ブラックとなる

ノア(ハイブリッド)のインパネ。シートはアイボリー(写真)とブルー&ブラックの2種類。また、ヴォクシーのZS(ガソリン車)のみオレンジ&ブラックとなる

乗車定員はハイブリッドが7人のみ、ガソリン車が7人/8人の設定となる。3列目シートは左右に跳ね上げて格納できる

乗車定員はハイブリッドが7人のみ、ガソリン車が7人/8人の設定となる。3列目シートは左右に跳ね上げて格納できる

SPECIFICATIONS
グレードヴォクシー X “C Package”/ノア X“V Package”ヴォクシーZS/ノア Siヴォクシー ハイブリッド V/ノア ハイブリッド G
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4695×1695×18254710×1730×18704695×1695×1825
ホイールベース(mm)2850
車両重量(kg)200021202005
乗車定員(人)87
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+モーター
総排気量(cc)19861797
最高出力[kW(ps)rpm]112(152)/610073(99)/5200+60(82)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]193(19.7)/3800142(14.5)/4000+207(21.1)
JC08モード燃費(km/L)14.614.823.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/55
車両本体価格(万円)218.0275.94297.0
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027