新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ S60/V60 T5 R-DESIGN (藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ボルボ S60/V60 T5 R-DESIGN (藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/04/08)

ボルボ S60/V60 T5 R-DESIGN |ニューモデル試乗

V60 T5のJC08モード燃費は14.4km/L。実はこれT4の13.6 km/Lをも上回る数値だ。その上T5は、平成27年度燃費基準+10%達成というわけで補助金もあり、T4との価格差はわずか。どちらを選ぶかはあなた次第

進化する“パワートレイン”のダウンサイジング

ボルボの新パワートレイン「Drive-E」

2014年のキーワードは“パワートレイン”。そもそもはエンジンやトランスミッションなど一連の動力伝達機構を意味する言葉だが、これまでのエンジン排気量を小さくするダウンサイジングコンセプトをよりトータルで進化させたものといえる。

いま、各社で取り組みが進められており、例えばマツダのスカイアクティブもこの戦略のひとつだ。ちなみに今シーズンのF1でもエンジンの代わりに、パワートレインという用語が使われている。

「Drive-E」と呼ばれるボルボの新パワートレインは、新開発の直列4気筒2リッター直噴ターボのT5エンジンに、8速ATを組み合わせている。エンジンマネージメントはデンソー、ミッションはアイシンと日本のサプライヤーを採用。ガソリン直噴としてはトップレベルの高燃圧燃料噴射システムなどにより、世界最高レベルの出力と環境性能を両立する。245ps/350Nmという数値は偶然にもBMW328iと同じなのだという。効率を突き詰めたらこうなったというが、なかなか興味深い。

先だってXC60でお披露目された「Drive-E」だが、続いてS60/V60シリーズにも搭載されたというわけだ。これによりS60/V60シリーズは、既存の1.6リッター直4直噴ターボエンジンとDCTを組みあわあせたT4、3リッター直6ターボ+6ATのT6の、そのあいだに位置するT5をラインナップに加えたことになる。さらにボルボによると将来的にはT6も2リッターにダウンサイジング、またハイブリッドの導入も予定しているという。

想像以上にパワフルなエンジン

鮮やかなパワーブルーのV60 T5 R-DESIGNを試乗する。昨年8月にビックマイナーチェンジが施された外観は、以前の角張ったところがより洗練されたとてもクリーンな印象だ。インテリアもデザインと快適性をバランスさせる工夫が随所になされている。あまり知られていないようだが、ステアリングスイッチを使えば、走行中であってもナビゲーションの操作が可能な点などは実用面ではとても便利だ。

エンジンは想像していた以上にパワフル。シフトを左に倒してスポーツモードを選択すれば、箱根ターンパイクの急な坂もものともせず駆け上がる。本当に最新の2リッターは速い。8速のATも従来の6速ATをベースに上下にワイドレンジ化し、6速で直結するギア比となっており、パドルシフトを駆使して小気味の良い走行が可能だ。

またこのモデルからエコプラスモードが備わった。センターコンソールのスイッチをおすと、エアコンにはじまり、出力、変速を制御し、省燃費走行へと切り替わる。スタートストップシステムは速度7km/h以下で作動し、65km/h以上で走行中にアクセルを抜くとコースティング(惰性走行)する。ただし、エコモードといっても十分なトルク感があり非力な感じはない。

またボルボが先鞭をつけた衝突回避ブレーキシティセーフティはもちろん標準で、ACCなどの安全技術の数々はセーフティパッケージとして20万円のオプションで用意される。ここで注目なのが、このS60/V60 T5シリーズは、パワーステアリングが油圧から電動式に変更されている点。これにより燃費の向上をはじめ、車線逸脱を防ぐLKA(レーン・キーピング・エイド)や、縦列駐車支援システムも装備できるようになった。

ボルボでは大半の顧客がこれらの安全装備を選択するという。これからの車は高性能、高効率、そして安全の3本柱が重要なのだ。

S60 T5 R-DESIGN。動力のスペックや全長、全高、全幅はV60と同様となる。重量はV60より60kg軽い1600kgとなる

S60 T5 R-DESIGN。動力のスペックや全長、全高、全幅はV60と同様となる。重量はV60より60kg軽い1600kgとなる

2Lで240ps/350N・mを発生する直列4気筒ターボのパワーユニット。世界最高レベルの出力と環境性能を両立する

2Lで240ps/350N・mを発生する直列4気筒ターボのパワーユニット。世界最高レベルの出力と環境性能を両立する

R-DESIGN専用となる本革を使用したシート、ステアリング、シフトノブで飾られるインテリア。カラーはブラックを基調とし、アルミのシルバーがアクセントになる

R-DESIGN専用となる本革を使用したシート、ステアリング、シフトノブで飾られるインテリア。カラーはブラックを基調とし、アルミのシルバーがアクセントになる

SPECIFICATIONS
グレードS60 T5 R-DESIGNV60 T5 R-DESIGN
駆動方式FF
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4635×1865×1480
ホイールベース(mm)2775
車両重量(kg)16001660
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1968
最高出力[ps/rpm]245/5500
最大トルク[N・m/rpm]350/1500-4800
車両本体価格(万円)502.9714523.5428
Tester/藤野太一 Photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027