新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ベントレー コンチネンタルGT V8 S(島下泰久)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ベントレー コンチネンタルGT V8 S(島下泰久)【海外試乗】 / navi

(2014/04/14)

ベントレーコンチネンタルGT V8 S|海外試乗

コンチネンタルGT V8 Sの狙いは、価格の近いポルシェ911ターボやフェラーリ カリフォルニアなどのユーザーの誘引である。その走りはまさに狙いどおりの仕上がりだし、何よりブランドは“あの”ベントレーなのだ。魅了される人、きっといるに違いない

走りっぷりは“スポーツ”。趣の違いで若い世代へ

中身の見直しが本気の証

ベントレー コンチネンタルGT V8 Sは、まず見た目で魅了する。

V8モデルより10mm低い車高に、スプリッターと呼ばれるフロントスポイラーなどのエアロパーツ、軽快なオープンスポークデザインの20インチホイールなどにより、その外観は若々しさを増している。それだけでも手に入れる価値、間違いなくある。

もちろん肝心なのは、その中身だ。エンジンはECUに手が入り、最高出力がV8の21ps増の528psに、最大トルクが20N・m増の680N・mへと強化されている。

さらにシャシーは、エアサスペンションが大幅に締め上げられたのをはじめ、リアスタビライザーやブッシュ類も硬度をアップ。パワーステアリングやESCの制御まで見直されているのは本気の証だ。

もっと積極的に走らせたくなる匂いがする

驚くのは、乗り心地が想像する以上に引き締まっていること。決して不快ではなく、安楽というよりもっと積極的に走らせたくなる匂いがする。

実際、コーナリングは軽快感が一気に高まっていて、特にステアリングレスポンスは目覚ましいほど。奥で回り込んでいるようなコーナーでも、さらに切り込むだけでラインがだらしなく膨らむようなことはないし、立ち上がりもアンダーステア知らず。思いどおりになる走りっぷりは“スポーツ”と評したくなる。

一方、エンジンの出力アップ分はすぐ実感できるほどではないというのが正直なところ。しかしオプションのスポーツエグゾースト装着車は、その快音でまったく不満を感じさせることはなかった。

コンチネンタルGTの本分はグランドツーリングカー。このV8 Sは少しだけ趣が違っていて、コーナーに差し掛かると思わず我を忘れて走りに没頭してしまい、気付けば結構な距離を後にしている、なんて雰囲気がする。狙っている若い世代のユーザーに、この快活さはまさにぴったりではないだろうか。

オープンスポークの20インチホイールなどにより、そのイメージははまさに“スポーツ”。若々しさを感じるデザインだ

オープンスポークの20インチホイールなどにより、そのイメージははまさに“スポーツ”。若々しさを感じるデザインだ

インテリアは他モデル同様にまさにベントレーといえる豪華な仕立て。サイドシルのトレッドプレートにV8 Sが刻まれる

インテリアは他モデル同様にまさにベントレーといえる豪華な仕立て。サイドシルのトレッドプレートにV8 Sが刻まれる

インテリアは各種2トーンや17色のレザーハイドなど多彩なバリエーションをもつ。ステッチをインテリア全体に施すことも可能

インテリアは各種2トーンや17色のレザーハイドなど多彩なバリエーションをもつ。ステッチをインテリア全体に施すことも可能

SPECIFICATIONS
グレードV8 S
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4806×1944×1394
ホイールベース(mm)2746
車両重量(kg)2295
乗車定員(人)4
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)4000
最高出力[ps/rpm]528/6000
最大トルク[N・m/rpm]680/1700
車両本体価格(万円)2190
Tester/島下泰久 Photo/ベントレー モータース ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027