新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ベントレー コンチネンタルGT V8 S (西川淳)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ベントレー コンチネンタルGT V8 S (西川淳)【海外試乗】 / navi

(2014/04/21)

ベントレー コンチネンタルGT V8 S|海外試乗

V8を選ぶ人は、ベントレーを欲しがってはいても考え方のどこかに一定の現実主義があって、社会的な我儘度も低めだと思われる。あくまでも本質重視、スマートエリートの成功者が乗るベントレー、であると言っていいだろう。

V8版の“スピード”コンチGTの大本命だ

まるでひと回り小さいかのよう

ベントレーがまた売れ始めている。昨年は6年ぶりに年産1万台を超え、過去最高を記録。モダンベントレーは世界景況のバロメーターかもしれない。

日本でも、がぜん好調なセールスを取り戻した。主役はもちろんコンチネンタルGT、それもV8だ。それゆえ、ベントレーは昨年のフランクフルトショーで、W12におけるスピードと同じ位置づけのV8 Sを追加設定した。

S化の手法は、スピードと全く同じで、エンジン性能アップにアシ回りの強化、エアロデバイス追加、と至極真っ当。

2t以上の巨体に21ps&20N・mアップだから、正直、「すっげー速くなった」とは思えなかったけれども、ハンドリングのほうはといえば、もともとV8搭載で鼻先が軽くなっているうえに、いっそう硬質で軽快な前アシさばきが備わって、ドライブしていると、まるで、ひと回りも小さいコンチネンタルGTに乗っているかのようだった。

今後はV8エンジンでキマリ

世の中のスーパースポーツの趨勢がV8+過給器になりつつある今、ベントレーはW12ツインターボと並行してV8モデルの充実を進めることで、未来の準備を行っている、というわけだろう。

ウルトラスムーズなW12フィールも確かに捨てがたいけれども、V8モデルがここまで上質かつスポーティに、エキサイティングに走ってくれるのであれば、そろそろW12に引導を渡してもいい。どうしても12気筒が欲しいという人には、それこそ、カーセンサーEDGEで良質なタマを見つけてもらえばいい…。

ベントレーにとって、歴史的に馴染み深いのは、12気筒ではなく8気筒。効率化をにらみつつのパフォーマンス向上にも、まだまだ進化の余地がある。4ドアフライングスパーにもV8仕様が登場したことだし、ベントレーといえば、今後はV8エンジンでキマリ、である。

クーぺとコンバーチブルの両タイプを用意。連続可変式ダンピングコントロールを採用し、W12モデルと比べ車高は10mm低くなっている

クーぺとコンバーチブルの両タイプを用意。連続可変式ダンピングコントロールを採用し、W12モデルと比べ車高は10mm低くなっている

フロントスプリッターやリアディフューザーなどを備えることによりエアロダイナミクスを向上し、高速時の安定性がさらに高められている

フロントスプリッターやリアディフューザーなどを備えることによりエアロダイナミクスを向上し、高速時の安定性がさらに高められている

巡航時に4気筒を休止させる可変シリンダーシステムが採用されている。また、クーぺの0-100km/h加速は4.5秒となる

巡航時に4気筒を休止させる可変シリンダーシステムが採用されている。また、クーぺの0-100km/h加速は4.5秒となる

SPECIFICATIONS
グレードV8 S
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4806×1944×1394
ホイールベース(mm)2746
車両重量(kg)2295
乗車定員(人)4
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)4000
最高出力[ps/rpm]528/6000
最大トルク[N・m/rpm]680/1700
車両本体価格(万円)2190
Tester/西川淳 Photo/ベントレー モータース ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027