新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 2008 (藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

プジョー 2008 (藤野太一)【ニューモデル試乗】 / navi

(2014/04/24)

プジョー 2008

ハッチバックに比べ明らかに頭上スペースも広く、リアシートを畳めば1172Lという広大な荷室空間ができる。後席も一段高く座る工夫がされており、実用性で選ぶならこちらを。もし、より運転を楽しみたい向きには、5MTの208アリュールがオススメ。

日常に“運転を楽しむ”味わいを添えて

ダウンサイジングはNAで勝負

ひさしぶりに“猫足”を思い出した。プジョーのクロスオーバー「00」シリーズの最小モデルが2008だ。

208のホイールベースはそのままに、全長は200mm、全高は80mm高められている。それでも1550mmと、立体駐車場にも入る日本的な配慮も忘れてはいない。

パワートレインはPSAグループ最新世代の3気筒1.2Lエンジンと、2ペダル式5速MT「ETG5」の組み合わせ。ライバルたちが過給器の組み合わせでダウンサイジングを実現しているのに対し、こちらはなんとNAで勝負。従来の4気筒1.4Lエンジンに対し、出力は約15%、燃費は約25%向上している。

ひさしぶりに“猫足”を思い出した

フランス車らしいソフトなあたりながらもホールド感のあるシートに座る。208譲りのスポーティな小径ステアリングの奥に、特徴的なメーターが目に飛び込んでくる。飛行機のものをモチーフにしたというサイドブレーキレバーをリリースして走り出す。

一つめのコーナーを曲がると、意外にしっとりとしなやかな動きに冒頭の言葉が頭に浮かんだ。エンジンは自然吸気らしくキレイな吹け上がりを見せるし、1160kgという車両重量もあって日常シーンでは、まったく不満はない。

ただ、さすがに人も荷物も満載という状況では、少々物足りなく感じるかもしれない。ETG5もトルコン並みとまでは言えないが、ロボタイズドならではのギクシャク感はかなり払拭されていた。

単なるユーティリティカーではない。フレンチらしく、“運転を楽しむ”要素もしっかりと加味されているようだ。

アンダーガードなどのアイテムを装着しSUVテイストに。ルーフレールやスポイラーも備え、SUV感が演出されている

アンダーガードなどのアイテムを装着しSUVテイストに。ルーフレールやスポイラーも備え、SUV感が演出されている

小径ステアリングなどで208のテイストを継承している。シエロには電動サンルーフとアンビエンスランプが追加で装備される

小径ステアリングなどで208のテイストを継承している。シエロには電動サンルーフとアンビエンスランプが追加で装備される

パワートレインは1.6L+4ATと比べて70kg軽量化されている。アイドリングストップも備え、JC08モード燃費18.5km/Lを達成

パワートレインは1.6L+4ATと比べて70kg軽量化されている。アイドリングストップも備え、JC08モード燃費18.5km/Lを達成

SPECIFICATIONS
グレードCielo
駆動方式FF
トランスミッション5SCT
全長×全幅×全高(mm)4160×1740×1550
ホイールベース(mm)2540
車両重量(kg)1160
乗車定員(人)5
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)1199
最高出力[ps/rpm]82/5750
最大トルク[N・m/rpm]118/2750
車両本体価格(万円)278
Tester/藤野太一 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027