新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Cクラス【海外試乗】(島下泰久) / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Cクラス【海外試乗】(島下泰久) / navi

(2014/05/15)

メルセデス・ベンツ Cクラス|海外試乗

今まで上級モデルでしか味わえなかった世界をより開かれたものにしてしまったのだから、欲張りで我儘な大人に、まさにぴったりの1台といえる。そんな大人を代表して、ディーゼルもスポーツグリルじゃない仕様も早く導入してねとさらなる我儘、言っておこう。

王座交替を目論む“ベビーSクラス”

艶っぽい内外装だけでも大いに魅了してくる

何はともあれその艶っぽい内外装だけでも大いに魅了してくるのが新しいメルセデス・ベンツ Cクラスである。伸びやかなロングノーズのプロポーション、そして繊細な面と線が描き出すその姿は、まさにベビーSクラスと呼びたくなる仕上がり。少し似せすぎという気もしないではないけれど、存在感は抜群だ。

インテリアのラグジュアリー感も、このセグメントの水準を超えている。見栄えだけでなく手に触れる部分のタッチも洗練され、スマホ感覚で操作できるタッチパッドの搭載など、使い勝手のアップデートは大きい。

しかし、中身はもっとスゴいのだ。まず、そのボディは全体の50%がアルミ製とされている。おかげで全長が95mm、全幅が40mmのサイズアップにもかかわらず、何と100kgもの軽量化を図っている。

大注目の1台、まさにクラスの常識を覆すモデル

この軽量・高剛性ボディとクラス初のエアサスペンションは、あるいはEクラス以上とすら感じさせる絶品の乗り心地を実現。極上の静粛性と相まって圧倒的な快適性をもたらしている。それでいていざ鞭を入れても、四輪の接地感がとにかく高く、安心してハイペースを維持できるのだから、まったく大したものだ。

エンジンは2LターボのC250や同ディーゼルのC250ブルーテックなどいくつかを試したが、いずれも扱いやすい躾けが光る。面白みはあまりないが、それもメルセデス・ベンツらしいところである。

抜かりがないのは安全装備についても同様。その内容は何と昨年改良されたばかりのEクラスとほぼ同等なのだ。

こんな風に新型Cクラスは、見栄えも装備も走りの質も、まさにクラスの常識を覆すモデルに仕上がっている。BMW3シリーズから、このセグメントのベンチマークの地位を奪い取りそうな完成度の高さには圧倒されてしまった。今夏の導入が待ち遠しい大注目の1台である。

内外装はアヴァンギャルド、エクスクルーシブ、AMGの3種類を用意。E/Sクラスに備わる安全装備も多数搭載されている

内外装はアヴァンギャルド、エクスクルーシブ、AMGの3種類を用意。E/Sクラスに備わる安全装備も多数搭載されている

ボディサイズは先代より全長95mm、全幅40mm、ホイールベースで80mm拡大され、ひとまわり大きい印象となっている

ボディサイズは先代より全長95mm、全幅40mm、ホイールベースで80mm拡大され、ひとまわり大きい印象となっている

先代より広くなった室内空間。レザーやメタリックなどを用いて、見た目、質感ともにワンランク上を感じさせるインテリアに

先代より広くなった室内空間。レザーやメタリックなどを用いて、見た目、質感ともにワンランク上を感じさせるインテリアに

SPECIFICATIONS
グレードC250
駆動方式FR
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4686×1810×1442
ホイールベース(mm)2840
車両重量(kg)1480
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1991
最高出力[ps/rpm]211/5500
最大トルク[N・m/rpm]350/1200-4000
Tester/島下泰久 Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027