新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツCクラス【海外試乗】(西川淳) / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツCクラス【海外試乗】(西川淳) / navi

(2014/05/19)

メルセデス・ベンツCクラス|海外試乗

ラグジュアリーをこのサイズで実現した、という点にオーナーの我儘はあるだろうけれども、基本的にはすべての大人を満足させる車という点で、ことさらに我儘な点はないと思われる。まぁ、Cクラスの我儘の度が過ぎるとクーペやカブリオレの存在理由がなくなるし。

しばらくはEクラスがいらないほどヤバい完成度

確信犯的にラグジュアリー度を上げてきた

うなるしかなかった。

AMGラインのC250ガソリンターボを駆って走り出してみること、しばらく。車全体の完成度の高さもさることながら、特に、新しくなったフロント4リンクとエアサスの組み合わせの妙に感服した。

否、その前から、うなってはいたのだ。なぜなら、インテリアの見栄えや質感が素晴らしかったからだ。車体幅を広げた恩恵は、運転席から見晴らすダッシュボードのデザインにまで及んでいる。Sクラス級とまではさすがに言えないまでも、現行Eクラスなら完全に上回った。このあたりを開発責任者に問うてみると、「新型Eクラスが出るまでの辛抱」的な回答だったから、メルセデスとしても確信犯的にCクラスのラグジュアリー度を上げてきた、ということだろう。

今、間違いなくセグメントリーダー

いやぁ、マイッタマイッタ。あえて言うならば、19インチランフラットタイヤを完全には履きこなせていないこと=ちょっと乗り心地が硬い、と、そのせいかどうかは分からないけれども、60~70km/h前後で電動パワーステアリングのフィールにツッカカリが出る、くらいのもの。それだって、しばらく乗っているうちに慣れちゃうほどの程度感だから、アラサガシの結果というわけ。

Eクラスより上等な雰囲気、ということは、ライバルの3シリーズやA4じゃ太刀打ちできない、ということで、乗る前から勝負あった感バリバリである。

実際、2L直噴ガソリンターボによる走りの力強さも一級品で、しかも防音仕様が利いており、とても静かに快適に速く加速する。スーッと空間だけが移動するような感覚は、完璧にトップ・オブ・ラグジュアリーの世界だ。

このハイスタンダード感は、今、間違いなくセグメントリーダーであり、ほとんどすべてのEセグモデルだって見下ろしている。ニューリーダーの誕生だ。

アルミハイブリッドボディはスチールボディより約70kgも軽量になっている。総重量も約100kg軽量化。アルミ使用率は50%近くに拡大された

アルミハイブリッドボディはスチールボディより約70kgも軽量になっている。総重量も約100kg軽量化。アルミ使用率は50%近くに拡大された

伝統のスタイルに、スポーツモデルの要素や新コンソールデザインが採用されている。コントローラーの上側には新デザインとなるタッチパッドが配された

伝統のスタイルに、スポーツモデルの要素や新コンソールデザインが採用されている。コントローラーの上側には新デザインとなるタッチパッドが配された

まずは2Lターボと1.6Lターボ、ディーゼルの2.1Lターボとなる。そしてすぐにラインナップが拡大され、プラグインハイブリッドなどが用意される予定だ

まずは2Lターボと1.6Lターボ、ディーゼルの2.1Lターボとなる。そしてすぐにラインナップが拡大され、プラグインハイブリッドなどが用意される予定だ

SPECIFICATIONS
グレードC250
駆動方式FR
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4686×1810×1442
ホイールベース(mm)2840
車両重量(kg)1480
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1991
最高出力[ps/rpm]211/5500
最大トルク[N・m/rpm]350/1200-4000
Tester/西川淳 Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027