新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アストンマーティン V12ヴァンテージS【ニューモデル試乗】(島下泰久) / navi

クルマニュース

アストンマーティン V12ヴァンテージS【ニューモデル試乗】(島下泰久) / navi

(2014/05/26)

アストンマーティン V12ヴァンテージS|ニューモデル試乗

婦女子が喜びそうな快適性やら何やらには目もくれず、動力性能の向上と走りの刺激だけを徹底的に追求したこんな車を選ぶ事が我儘でないわけがない。でも乗る人は、あくまでスタイリッシュであることを忘れないように。だってアストンマーティンなんだから。

本気で攻めたくなる英国流リアルスポーツカー

走りが刺激的でないワケがない

本来はV8エンジンの搭載を前提とした車体に、半ばムリヤリV12を押し込んだV12ヴァンテージSの走りが刺激的でないワケがない。

先代に対して5psと50N・mを上乗せした6L自然吸気エンジンの、例によって反時計回りの回転計の針が4000rpmを超えたあたりから先の回転上昇の一気の勢い、そしてあふれるパワーには笑いが止まらず、むさぼるように全開を繰り返したくなる。

6速MTに代わって搭載された7速スピードシフト3はDレンジでは始終ギクシャクしているけれど変速は速いから、パドルでマニュアル操作した方が気持ちイイ。とにかく乗っている間中、運転に集中して楽しめるという車なのだ。

それだけの動力性能を与えられながら走りが破綻していないのは、優れたシャシーのおかげである。

リアルスポーツカーへと大幅な進化を果たした

大きく重いV12をフロントに積むにも関わらず、操舵応答性はシャープ。サスペンションもハードなのに、イギリス車らしく少ないストロークの中にしなやかさも宿っているおかげで、容易にタイヤが路面から離れたりはしない。このあたり、V8ヴァンテージとはまったくの別物という感すらある。

ゾクゾクするほどのパワーと切れ味鋭いのに安定感も抜群のシャシーを得て、走り全般がグッと磨き上げられたV12ヴァンテージS。

一般道でも楽しいけれど、せっかく足元にはドライグリップ最優先のピレリ Pゼロ・コルサを履くことだし、一度はサーキット走行に臨みたくなる1台である。それはつまり本気で攻められるリアルスポーツカーへと大幅な進化を果たしたということだ。

サスペンションには3ステージ・アダプティブダンピングシステムを、ヴァンテージシリーズとして初めて装備した

サスペンションには3ステージ・アダプティブダンピングシステムを、ヴァンテージシリーズとして初めて装備した

インテリアにはアルカンターラ仕様、カーボンを用いた軽量シートやフェイシアなど多彩なオプションが用意されている

インテリアにはアルカンターラ仕様、カーボンを用いた軽量シートやフェイシアなど多彩なオプションが用意されている

ボッシュの新エンジンマネージメントが採用されている。これにより出力を向上させつつ、よりフラットなトルクカーブが実現される

ボッシュの新エンジンマネージメントが採用されている。これにより出力を向上させつつ、よりフラットなトルクカーブが実現される

SPECIFICATIONS
グレードV12 VANTAGE S
駆動方式FR
トランスミッション7SCT
全長×全幅×全高(mm)4385×2022×1250
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)1665
乗車定員(人)2
エンジン種類V12DOHC
総排気量(cc)5935
最高出力[ps/rpm]573/6750
最大トルク[N・m/rpm]620/5750
車両本体価格(万円)2303.7943
Tester/島下泰久 Photo/大子香山
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027