新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジープ チェロキー【ニューモデル試乗】(九島辰也) / navi

クルマニュース

ジープ チェロキー【ニューモデル試乗】(九島辰也) / navi

(2014/06/16)

ジープ チェロキー|ニューモデル試乗

個人的にジープを乗り継いできた立場から言わせてもらうと、新型チェロキーは新種のジープで、これまでの価値では測れない。なので、このスタイリングにビビッときた方が乗るべきだろう。そこはまさにイタリアンテイスト。アメリカとイタリアのコラボとなる。

イタリアンに味付けされたアメリカンスピリット

モノコックで復活したアメリカンSUV

新型チェロキーについては前々から興味を抱いていた。はじめてその姿をナマで見たのは2012年の12月だったと思う。アーバンヒルにある本社のデザインルームだった。もっともそれはまだモックアップの状態で、エクステリアデザインしか出来上がっていなかったと記憶する。

2度目のご対面は2013年春のニューヨークモーターショー。正式な市販車の発表であった。久々の“チェロキー”復活に多くのメディアが集まった。それを予感してかステージはブースではなくホールが用意された。

さて、そんな流れの中でようやくステアリングを握った。はたしてモノコックになったパッセンジャーカーベースのチェロキーはいかがなものなのか。

仕上がりはイマドキのクロスオーバー

結論から言うと、こいつはイマドキのクロスオーバーに仕上がっていた。乗り心地、ハンドリング、静粛性のどれをとっても快適である。これまでのリアにリジッドアクスルを用いたものとは別モノだ。チェロキーはKJ型ではじめてフロントサスが独立式となったが、それまでは前時代的だと言わざるを得なかった。

パワーソースは2.4L 直4、3.2L V6ともに扱いやすく、2.4Lでもプアなところはない。スロットルレスポンスもよくスムーズなドライビングを楽しめる。まぁ、言ってしまえば、その辺がパッセンジャーカー的なテイストとなる。

オフロード走行に関しては機会がなかったが、リアデフをロックできるのでかなりいけそうだ。センターデフを持たずともクリアできるだけのキャパシティを得たのは、さすがである。

エアロダイナミクスも考慮されたデザインのエクステリア。スキッドプレートなどが装備されSUVらしさも高められている

エアロダイナミクスも考慮されたデザインのエクステリア。スキッドプレートなどが装備されSUVらしさも高められている

7本縦型グリルや台形ホイールアーチといったチェロキーのキャラクターはそのままに、流れるようなデザインのフロントマスク

7本縦型グリルや台形ホイールアーチといったチェロキーのキャラクターはそのままに、流れるようなデザインのフロントマスク

異国情緒溢れる風景をイメージしたという内装色(ブラック/ブラック&ライトグレー/ブラウン&ブルー)が用意される

異国情緒溢れる風景をイメージしたという内装色(ブラック/ブラック&ライトグレー/ブラウン&ブルー)が用意される

SPECIFICATIONS
グレードTrailhawk
駆動方式4WD
トランスミッション9AT
全長×全幅×全高(mm)4630×1905×1740
ホイールベース(mm)2720
車両重量(kg)1990
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3238
最高出力[ps]272/6500
最大トルク[N・m]315/4300
車両本体価格(万円)429.84
Tester/九島辰也 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027