新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ジープ チェロキー【ニューモデル試乗】(九島辰也) / navi

クルマニュース

ジープ チェロキー【ニューモデル試乗】(九島辰也) / navi

(2014/06/16)

ジープ チェロキー|ニューモデル試乗

個人的にジープを乗り継いできた立場から言わせてもらうと、新型チェロキーは新種のジープで、これまでの価値では測れない。なので、このスタイリングにビビッときた方が乗るべきだろう。そこはまさにイタリアンテイスト。アメリカとイタリアのコラボとなる。

イタリアンに味付けされたアメリカンスピリット

モノコックで復活したアメリカンSUV

新型チェロキーについては前々から興味を抱いていた。はじめてその姿をナマで見たのは2012年の12月だったと思う。アーバンヒルにある本社のデザインルームだった。もっともそれはまだモックアップの状態で、エクステリアデザインしか出来上がっていなかったと記憶する。

2度目のご対面は2013年春のニューヨークモーターショー。正式な市販車の発表であった。久々の“チェロキー”復活に多くのメディアが集まった。それを予感してかステージはブースではなくホールが用意された。

さて、そんな流れの中でようやくステアリングを握った。はたしてモノコックになったパッセンジャーカーベースのチェロキーはいかがなものなのか。

仕上がりはイマドキのクロスオーバー

結論から言うと、こいつはイマドキのクロスオーバーに仕上がっていた。乗り心地、ハンドリング、静粛性のどれをとっても快適である。これまでのリアにリジッドアクスルを用いたものとは別モノだ。チェロキーはKJ型ではじめてフロントサスが独立式となったが、それまでは前時代的だと言わざるを得なかった。

パワーソースは2.4L 直4、3.2L V6ともに扱いやすく、2.4Lでもプアなところはない。スロットルレスポンスもよくスムーズなドライビングを楽しめる。まぁ、言ってしまえば、その辺がパッセンジャーカー的なテイストとなる。

オフロード走行に関しては機会がなかったが、リアデフをロックできるのでかなりいけそうだ。センターデフを持たずともクリアできるだけのキャパシティを得たのは、さすがである。

エアロダイナミクスも考慮されたデザインのエクステリア。スキッドプレートなどが装備されSUVらしさも高められている

エアロダイナミクスも考慮されたデザインのエクステリア。スキッドプレートなどが装備されSUVらしさも高められている

7本縦型グリルや台形ホイールアーチといったチェロキーのキャラクターはそのままに、流れるようなデザインのフロントマスク

7本縦型グリルや台形ホイールアーチといったチェロキーのキャラクターはそのままに、流れるようなデザインのフロントマスク

異国情緒溢れる風景をイメージしたという内装色(ブラック/ブラック&ライトグレー/ブラウン&ブルー)が用意される

異国情緒溢れる風景をイメージしたという内装色(ブラック/ブラック&ライトグレー/ブラウン&ブルー)が用意される

SPECIFICATIONS
グレードTrailhawk
駆動方式4WD
トランスミッション9AT
全長×全幅×全高(mm)4630×1905×1740
ホイールベース(mm)2720
車両重量(kg)1990
乗車定員(人)5
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3238
最高出力[ps]272/6500
最大トルク[N・m]315/4300
車両本体価格(万円)429.84
Tester/九島辰也 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
【試乗】アウディ R8|異次元の走りをみせるR8。パワー・エンジン音・安定性すべてが最高峰(2019/03/26)
【雪上試乗】日産 人気現行モデル|雪上で感じる人気現行各モデルの安定性や楽しさ!(2019/03/26)
【試乗】新型 BMW 3シリーズ│ドライバーの心も濡れた路面もがっちりつかむ次世代スポーツセダン(2019/03/24)
【試乗】キャデラック XT5 クロスオーバー|欧州車に引けを取らない繊細なアメ車だった(2019/03/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027