新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ GLAクラス【ニューモデル試乗】(藤野太一) / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ GLAクラス【ニューモデル試乗】(藤野太一) / navi

(2014/06/20)

メルセデス・ベンツ GLAクラス

全長はAクラス比で+140mmとなっているが、そのほとんどが荷室にあてられたもので約100Lほど容量が増えている。サスペンションのストローク量も増えての増し増し効果で、実用性はこちらのほうが高い。オフ派じゃなくてもAよりこっちがいいかも

Aの派生と侮ることなかれ。その実、本格派

本格SUVファミリーの末っ子

「スーパーマリオブラザーズ」を使ったCMが好評で、YouTubeでの視聴回数は、公開から2週間で200万回を突破しているという。メルセデスはGLAをAクラスの一派生モデルというよりも、Gにはじまる本格SUVファミリーの末っ子として明確にキャラ立ちさせたいよう だ。

したがって国内導入モデルもまずは250 4MATIC(ベース、Sports、Off-Roadの3グレードの設定)で、廉価なFFの180は少し遅れて発売されるという。

ブロック積みの急坂を駆け上るCMの中のGLAよろしく、試乗会には本格的なオフロードコースが用意された。

いちいちスムーズ、その質感はしなやか

まずはベースモデルに乗る。コースインに備えてやることはインパネに配されたオフロードモードと、急勾配を下る際に自動でブレーキをかけ車速を制御するDSR、この2つのボタンを押すことだけだ。ナビの画面がギミック満載のオフロードスクリーンに切り替わり、方位、勾配、横の傾斜角などを表示する。車輪を浮かせてのモーグル路を超え、もっとも傾斜角の強い登坂路では、瞬間的に40%と表示されていた。車を降りてタイヤをのぞきこむと驚いたことにノーマルだ(横浜の欧州仕様タイヤ、C.ドライブ2)。成り立ちやスタイルからは想像できない悪路走破性能が潜んでいる。

オンロードでは、250 4MATIC Sportsに乗る。こちらは車高が10mm低くなり、AMGスタイリングパッケージやスポーツサスペンションなどが組み込まれている。乗り込むとAクラスに比べて少し目線が高い感じはするが、インテリアには大きな印象の違いはない。ベースに比べ少し硬めだが、リズム良く軽快に動く。

この日は250 4MATIC Off-Roadの試乗はかなわなかった。おそらくGLAの個性がもっとも凝縮された味付けになっているはずだ。

ボンネットのパワードームでスポーティさを、アンダーガードやクラッディングパーツでSUVらしさをそれぞれ演出している

ボンネットのパワードームでスポーティさを、アンダーガードやクラッディングパーツでSUVらしさをそれぞれ演出している

可変トルク配分型4WDは、通常前輪にほぼ100%、コーナリング時やオフロードなどで後輪に適宜駆動を配分する仕組みとなっている

可変トルク配分型4WDは、通常前輪にほぼ100%、コーナリング時やオフロードなどで後輪に適宜駆動を配分する仕組みとなっている

リアシートは2:1分割可倒式とし、ラゲージ容量を421~1235Lに。ゲート開口角度が調整できる自動開閉機能も備わる

リアシートは2:1分割可倒式とし、ラゲージ容量を421~1235Lに。ゲート開口角度が調整できる自動開閉機能も備わる

SPECIFICATIONS
グレードGLA250 4MATIC
駆動方式4WD
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4430×1805×1505
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)1570
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1991
最高出力[ps]211/5500
最大トルク[N・m]350/1200-4000
車両本体価格(万円)459
Tester/藤野太一 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.1 】1991年 日産 シルビア/180SX|ハイパワー2Lエンジンの搭載で走りが変わった(2020/01/23)
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
6
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027