新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ デミオ(松本英雄)【プロトタイプ試乗】 / navi

クルマニュース

マツダ デミオ(松本英雄)【プロトタイプ試乗】 / navi

(2014/07/18)

▲今回試乗した新型デミオのプロトタイプ▲今回試乗した新型デミオのプロトタイプ

動かした瞬間に感じるクラスを超えた進歩

1996年に初代デミオが登場して18年が経過した。初代デミオは使い勝手の良いサイズに2クラス上のシートを採用し、そして何よりもあの形状でハンドリングが抜群に良かった。エントリー向けのファミリークラス車だけに、理解されなかったかもしれないが、見えない部分にこだわるマツダらしい車であった。

そして今回、新型デミオのプロトタイプに試乗した。グレードはSKYACTIV-D 1.5。ディーゼルターボエンジンを搭載したモデルでトランスミッションは6速ATと6速MTが用意されている。

まずは6速MTから。エンジンを始動してみると、ディーゼル特有の音はしごく抑えられており、静粛性は抜群。走り出しは、クラッチを繋ぐ際も燃焼が安定していて、とてもスムーズだ。

1速で3500回転まで踏み込みシフトアップ。トルクも十分で思わずどんどんシフトアップしたくなる。エンジンの性能は素晴らしく申し分ないが、6速MTのシフトは節度はあるものの新しさは感じなかった。しかし2000回転以上であればどこのシフトポジションからでも加速して楽しめる車だ。

▲シフトチェンジの際の急激な立ち上がりもなく、リニアで軽快に操れる▲シフトチェンジの際の急激な立ち上がりもなく、リニアで軽快に操れる

1080㎏の車体をトルクフルなエンジンで走らせるとなると、気になるのはサスペンションを含めたシャーシ性能だが、このクラスでは体感したことがないほどピカイチに感じた。乗り心地もこの軽量な車重にしては振動をこれ以上ないほどに抑えているといって良いだろう。よくサスペンションを動かせたと感心する。

急激な入力に対してもショックをしっかりと吸収してくれる。それでいてシャーシのバイブレーションも抑えているのは、ダンパーとショックアブソーバーがきちんと働いている証拠だ。16インチのタイヤとのマッチングもすこぶる良い。コーナリングでも終始安定した姿勢を保ちながら素直にトレースできる。マニュアルを楽しく操れる人にはぜひともオススメしたいモデルだ。

▲コーナーリング時のスキール音を最小限に抑え、素直にトレースできる▲コーナーリング時のスキール音を最小限に抑え、素直にトレースできる

続いてSKYACTIV-D 1.5のAT仕様に乗る。ダイレクトなMT仕様の後なので素直な扱いやすさを感じながら走らせる。MT仕様よりも出力が高くトルクも申し分ない。

スポーティな雰囲気を大切に開発されたという6速ATは、テンポ良くシフトアップしながら速度を上げていく。この絶妙なギア比がさらに乗り心地と操縦安定性を向上させていて、とても素直な扱いやすい車に仕上がっている。兄貴分のアクセラよりも正直言って洗練されているように感じた。

どのくらいの価格になるのかはまだわからないが、クラストップの乗り心地と静粛性、走行性能を兼ね備えたモデルになることは間違いなさそうだ。

乗り込んだ瞬間、目に見えない技術力の進歩を実感させられる「マツダスピリット」を感じる車であった。

【SPECIFICATIONS】
■グレード:SKYACTIV-D 1.5 ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC+ターボ ■総排気量:1498cc
■最高出力:77(105)/4000[kW(ps)/rpm] ■最大トルク:250(25.5)/1500-2500[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4060×1695×1500(mm) ■ホイールベース:2570mm
■車両重量:1130kg
■ガソリン種類/容量(L):軽油/44

■グレード:SKYACTIV-D 1.5 ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC+ターボ ■総排気量:1498cc
■最高出力:77(105)/4000[kW(ps)/rpm] ■最大トルク:220(22.4)/1400-3200[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6MT
■全長×全幅×全高:4060×1695×1500(mm) ■ホイールベース:2570mm
■車両重量:1080kg
■ガソリン種類/容量(L):軽油/35

Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027