新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランボルギーニ ウラカン LP610-4【海外試乗】(西川淳) / navi

クルマニュース

ランボルギーニ ウラカン LP610-4【海外試乗】(西川淳) / navi

(2014/08/04)

真のスーパーカーはオトコのワガママのシンボルだったけれども、ウラカンはオンナのワガママにも十分応える初のランボルギーニになった。もはやフェラーリより扱いやすいが、パフォーマンスで負けることはない。これまでランボルギーニを無視してきた人に、ぜひ!真のスーパーカーはオトコの我儘のシンボルだったけれども、ウラカンはオンナの我儘にも十分応える初のランボルギーニになった。もはやフェラーリより扱いやすいが、パフォーマンスで負けることはない。これまでランボルギーニを無視してきた人に、ぜひ!

牧場から闘牛場まで、オールマイティな猛牛

ハッキリ申し上げて、フェラーリ458やマクラーレン12Cよりラグジュアリーで洗練されたライドフィールであった。それでいてダイナミック性能では両車に勝るとも劣らない。

さすがはイタリアの猛牛・ランボルギーニ、というよりも、ある意味激戦区ゆえ、切磋琢磨の結果、最新モデルらしい仕上がりだといえる。

エンジンカバーは3本のポリマーフィンを採用、透明カバーがオプションで用意される エンジンカバーは3本のポリマーフィンを採用、透明カバーがオプションで用意される

とにかく乗り心地がいい。ドライな動きという点では12Cに負けるが、街中でのしっとりしなやかな感じ、高級サルーンのスポーツバージョンにも似たライドフィールでは、上。初採用のデュアルクラッチシステムによる変速マナーの良さも、乗り心地にかなり寄与している。

室内はガヤルドより広く、視界も改善された。室内はツートンなど思いのままの仕立てに 室内はガヤルドより広く、視界も改善された。室内はツートンなど思いのままの仕立てに

直進安定性も素晴らしい。メーターヨミで298km/hまで出してみたが、まったくもって不安感がない。というか、200km/h前後でも、いわゆる速度感がない。“速い!”と感じさせるという点では、ちょろちょろフロントが動いてスリリングな458や、ターボパワーで強烈な中間加速の12Cの方が上かもしれないが、実際には、ウラカンも相当に速い。要するに実用域ではとてもよく仕上がったスーパーカーである。ランボルギーニ史上、最も洗練の仕立てだ。ではダイナミックドライブでは、どうだろうか。

直噴とポート噴射を融合、環境性能まで高めた。0~100km/h加速3.2秒、最高速325km/hを誇る 直噴とポート噴射を融合、環境性能まで高めた。0~100km/h加速3.2秒、最高速325km/hを誇る

これがまたとんでもなく面白い。特にサーキットでの戦闘力はガヤルドを大幅に上回り、たやすく楽しめるという点で12Cに匹敵する。ワインディングロードでも不安なく意のままの操縦感覚を存分に楽しむことができた。ハイブリッドボディ構造と電子シャシー制御のたまものだ。

サウンドもかなりの迫力。アクセルオフでガソリンを数滴垂らし、バキバキバキっと、アフターバーン風を演出する。

乗りやすくはなったがランボルギーニらしさも十分。それでいてスポーツ万能とくれば新たなファン獲得も間違いナシ。

【SPECIFICATIONS】
■グレード:HURÁCAN LP610-4 ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V10DOHC ■総排気量:5204cc
■最高出力:610/8250[ps/rpm] ■最大トルク:560/6500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7DCT
■全長×全幅×全高:4459×1924×1165(mm) ■ホイールベース:2620mm
■車両重量:1422kg
■車両本体価格:2970万円(税込)

text/西川淳 photo/アウトモビリ・ランボルギーニ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ スペーシアギア|デザインだけじゃなく走りもちゃんと力強いアクティブな軽自動車(2019/03/27)
【試乗】アウディ R8|異次元の走りをみせるR8。パワー・エンジン音・安定性すべてが最高峰(2019/03/26)
【雪上試乗】日産 人気現行モデル|雪上で感じる人気現行各モデルの安定性や楽しさ!(2019/03/26)
【試乗】新型 BMW 3シリーズ│ドライバーの心も濡れた路面もがっちりつかむ次世代スポーツセダン(2019/03/24)
【試乗】キャデラック XT5 クロスオーバー|欧州車に引けを取らない繊細なアメ車だった(2019/03/21)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027