新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランボルギーニ ウラカン LP610-4【海外試乗】(山崎元裕) / navi

クルマニュース

ランボルギーニ ウラカン LP610-4【海外試乗】(山崎元裕) / navi

(2014/08/21)

▲スーパーカーを買うということは、もちろん一般的には究極の我儘となる。けれどもウラカンは、たまたまスーパーカーのカタチをしているだけで日常使いも可。こんなに快適でクールなスーパーカーを買うのであれば、それは我儘とは言わないと思うけどな▲スーパーカーを買うということは、もちろん一般的には究極の我儘となる。けれどもウラカンは、たまたまスーパーカーのカタチをしているだけで日常使いも可。こんなに快適でクールなスーパーカーを買うのであれば、それは我儘とは言わないと思うけどな

驚異のスタビリティと速さ。その仕上がりに死角なし

ウラカンは、ランボルギーニにとって史上最高の成功作となったガヤルドの後継車として誕生したモデルだ。

その評価が、今後のランボルギーニの運命を左右することは言うまでもない。

ウラカンの走りで、まず印象的なのはスムーズさだろう。その直接の理由となっているのは、ついにこのウラカンに至って採用されたデュアルクラッチ式の7速ギアボックス。オートマチックモードでも、その制御は特に不自然さを感じさせないし、何よりクラッチが断絶される時間が皆無であるのは嬉しいかぎりだ。

このギアボックスの制御に始まり、「ストラーダ」、「スポーツ」、「コルサ」という3つの走行モードの選択も可能にした。個人的にベストなセッティングと感じたのはスポーツだ。サスペンションはストラーダからさらにスパルタンな設定となるが、乗り心地にはまだまだ快適さが残るし、巧みに制御されたロールの量、そして速度が、マン・マシンの一体感を生み出してくれる。ちなみにコルサを選択すると、このロールがほとんど感じられなくなるから、自分自身でマシンを操るという感覚は、やや薄くなるように思う。

▲インパネには12.3インチTFTパネルが採用されている。タコメーターやマップなど、必要な情報を目的に合わせ表示する ▲インパネには12.3インチTFTパネルが採用されている。タコメーターやマップなど、必要な情報を目的に合わせ表示する

アルミニウムとカーボンファイバーのハイブリッド構造を持つシャシーが、ガヤルドのそれよりもはるかに魅力的な剛性を持つことは、ウラカンをドライブした者なら一瞬で気づくはずだ。エアロダイナミクスが格段に向上していることもまた同様だ。ミッドに搭載されるエンジンは、5.2L仕様のV型10気筒自然吸気で、最高出力は610ps。このパワーと電子制御のフルタイム4WDを持つこととの相乗効果で、最高速に至るまでの圧倒的なレベルのスタビリティが生み出されている。その存在は大きな脅威となろう。

▲CFRP(炭素繊維強化ポリマー)とアルミを用いた軽量な新ハイブリッド・シャシーを採用 ▲CFRP(炭素繊維強化ポリマー)とアルミを用いた軽量な新ハイブリッド・シャシーを採用

【SPECIFICATIONS】
■グレード:HURÁCAN LP610-4 ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V10DOHC ■総排気量:5204cc
■最高出力:610/8250[ps/rpm] ■最大トルク:560/6500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7DCT
■全長×全幅×全高:4459×1924×1165(mm) ■ホイールベース:2620mm
■車両重量:1422kg
■車両本体価格:2970万円(税込)

text/山崎元裕 photo/アウトモビリ・ランボルギーニ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027