新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランボルギーニ ウラカン LP610-4【海外試乗】(山崎元裕) / navi

クルマニュース

ランボルギーニ ウラカン LP610-4【海外試乗】(山崎元裕) / navi

(2014/08/21)

▲スーパーカーを買うということは、もちろん一般的には究極の我儘となる。けれどもウラカンは、たまたまスーパーカーのカタチをしているだけで日常使いも可。こんなに快適でクールなスーパーカーを買うのであれば、それは我儘とは言わないと思うけどな▲スーパーカーを買うということは、もちろん一般的には究極の我儘となる。けれどもウラカンは、たまたまスーパーカーのカタチをしているだけで日常使いも可。こんなに快適でクールなスーパーカーを買うのであれば、それは我儘とは言わないと思うけどな

驚異のスタビリティと速さ。その仕上がりに死角なし

ウラカンは、ランボルギーニにとって史上最高の成功作となったガヤルドの後継車として誕生したモデルだ。

その評価が、今後のランボルギーニの運命を左右することは言うまでもない。

ウラカンの走りで、まず印象的なのはスムーズさだろう。その直接の理由となっているのは、ついにこのウラカンに至って採用されたデュアルクラッチ式の7速ギアボックス。オートマチックモードでも、その制御は特に不自然さを感じさせないし、何よりクラッチが断絶される時間が皆無であるのは嬉しいかぎりだ。

このギアボックスの制御に始まり、「ストラーダ」、「スポーツ」、「コルサ」という3つの走行モードの選択も可能にした。個人的にベストなセッティングと感じたのはスポーツだ。サスペンションはストラーダからさらにスパルタンな設定となるが、乗り心地にはまだまだ快適さが残るし、巧みに制御されたロールの量、そして速度が、マン・マシンの一体感を生み出してくれる。ちなみにコルサを選択すると、このロールがほとんど感じられなくなるから、自分自身でマシンを操るという感覚は、やや薄くなるように思う。

▲インパネには12.3インチTFTパネルが採用されている。タコメーターやマップなど、必要な情報を目的に合わせ表示する ▲インパネには12.3インチTFTパネルが採用されている。タコメーターやマップなど、必要な情報を目的に合わせ表示する

アルミニウムとカーボンファイバーのハイブリッド構造を持つシャシーが、ガヤルドのそれよりもはるかに魅力的な剛性を持つことは、ウラカンをドライブした者なら一瞬で気づくはずだ。エアロダイナミクスが格段に向上していることもまた同様だ。ミッドに搭載されるエンジンは、5.2L仕様のV型10気筒自然吸気で、最高出力は610ps。このパワーと電子制御のフルタイム4WDを持つこととの相乗効果で、最高速に至るまでの圧倒的なレベルのスタビリティが生み出されている。その存在は大きな脅威となろう。

▲CFRP(炭素繊維強化ポリマー)とアルミを用いた軽量な新ハイブリッド・シャシーを採用 ▲CFRP(炭素繊維強化ポリマー)とアルミを用いた軽量な新ハイブリッド・シャシーを採用

【SPECIFICATIONS】
■グレード:HURÁCAN LP610-4 ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V10DOHC ■総排気量:5204cc
■最高出力:610/8250[ps/rpm] ■最大トルク:560/6500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7DCT
■全長×全幅×全高:4459×1924×1165(mm) ■ホイールベース:2620mm
■車両重量:1422kg
■車両本体価格:2970万円(税込)

text/山崎元裕 photo/アウトモビリ・ランボルギーニ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027