新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW2シリーズ アクティブ・ツアラー【海外試乗】(小沢コージ) / navi

クルマニュース

BMW2シリーズ アクティブ・ツアラー【海外試乗】(小沢コージ) / navi

(2014/08/25)

家族のことを考え、子供のことを考え、広くて快適でしかもBMW!  ある意味、フィットをデカくしてブランドイメージまで加えたわけで最高のファミリーカーと言っても過言ではない。これに文句言う奥さまはいないのでは?家族のことを考え、子供のことを考え、広くて快適でしかもBMW! ある意味、フィットをデカくしてブランドイメージまで加えたわけで最高のファミリーカーと言っても過言ではない。これに文句言う奥さまはいないのでは?

見た目を裏切るうまさ! コイツは普通の顔したイイオンナだ

この驚きをなんて表現したらいいんだろう? 赤味のようなトロというか、牛丼のような松阪牛というか、銅のような金!? というか、たとえはどれもイマイチだが、要するに予想以上なのだ。もちろんBMWが作る初めてのFFコンパクトではあるが、根本には、FFとして常識外のハンドリングを見せつけるミニの技術があるだけに、ある程度の良さは想定していたけど、まさかここまでとは。

特に走りと乗り心地にはビックリよ。

見た目は正直、実車を間近にしてもウーム…だ。ボディサイズはゴルフより77mmも長くて95mmも幅広い。だけどディテールは凝ってて、ライトはLEDを多用した光モノ系だし、ショルダーラインは力強く、リアビューにしろSUVのXシリーズみたいだし、なによりフロントマスクは誰がどう見てもBMW !

2種類のデザインラインを用意。Mスポーツパッケージや4WDのxDriveなども登場予定 2種類のデザインラインを用意。Mスポーツパッケージや4WDのxDriveなども登場予定

インテリアも同様で造形はBMWのセオリーどおりだし、ウッドパネルや革素材の質感も高い。

サーフェイスを水平方向にレイアウト、広く軽快な印象に。着座位置はセダンよりやや高く、視界や乗降性が向上した サーフェイスを水平方向にレイアウト、広く軽快な印象に。着座位置はセダンよりやや高く、視界や乗降性が向上した

だが、やっぱりビックリしたのは走りの質だ。乗ったのは231ps&350Nmを発揮する直噴2L直4ターボ搭載の225iで、まず加速の質がいい。安っぽいFF的ギクシャクはなく、出足がやけに力強いこと力強いこと。

静かさ、乗り心地の良さもハンパなく、特にリアシートは広くて快適な上、ショックもない。さらに感動的なのはラゲージスペースで、なんとワゴンもビックリの468L! ゴルフの380Lを圧倒し、BMWらしさを上手に残しつつも、FF化の利点をこれでもか!と見せつけている。

ラゲージ容量は468~1510L。テールゲートは自動開閉式を採用、スマート・オープナーもオプションで用意される ラゲージ容量は468~1510L。テールゲートは自動開閉式を採用、スマート・オープナーもオプションで用意される

唯一気になるのは発進でパワーを上げ過ぎたときのハンドルの取られだが、それくらい笑って許しましょうよ…という出来。いや参った(笑)。

【SPECIFICATIONS】
■グレード:225i ActiveTourer ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1998cc
■最高出力:231/4750-6000[ps/rpm] ■最大トルク:350/1250[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4342×1800×1555(mm) ■ホイールベース:2670mm
■車両重量:1430kg

text/小沢コージ photo/ビー・エム・ダブリュー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027