新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス GS 【マイナーチェンジ】 / navi

クルマニュース

レクサス GS 【マイナーチェンジ】 / navi

(2007/12/06)

走りのレベルは欧州車と渡り合えるほどに進化

(Tester/西川淳 Photo/尾形和美)
コンセプト
プレミアムブランドの本流であるGSを強化
レクサス GS フロント|ニューモデル試乗レクサス GS リア|ニューモデル試乗レクサス GS インパネ|ニューモデル試乗
 成功しているプレミアムブランドにおいては、欧州における“Eセグメント相当”モデルが大いに売れるものだ。言い換えれば、このEセグメントが売れてこそ、のプレミアムブランドであり、結果的にそれが健全なビジネスにもつながるというわけである。
 ではこれをレクサスに当てはめてみるとどうだろうか。本来であれば、この“Eセグメント相当”であるGSが売れてナンボ、なはず。ところが、今のところその人気はLSとISに偏っているのが現実だ。そこで既存のユーザーを裏切らない程度にテコ入れが必要、という判断で今回マイナーチェンジが実施されたわけだ。
 その中でまず注目したいのは排気量アップと新型ATを搭載した“GS460”の追加である。
室内&荷室空間
GSのもつデザインの雰囲気を乱さずに小改良
レクサス GS フロントシート|ニューモデル試乗レクサス GS リアシート|ニューモデル試乗レクサス GS 8AT|ニューモデル試乗
 内外装ともに、小規模ではあるが効果的な変更を行ったと思う。フロントグリル回りやウインカー付きミラー、メタル華飾の施されたシートなど、元のデザインを壊さない程度に派手さを加えた。
 もともと内外装ともに、シンプルにまとめられた美しいデザインだった。雰囲気を乱さず少しだけ飾りつけることで、存在感を増すことに成功したと言っていい。
 GS460にはLSと同じ4.6LのV8ユニットが積まれた。もちろん8ATが組み合わされている。
 これでGSのフラッグシップは、V8とハイブリッドの両輪が務めることになった。絶対的なパフォーマンスでほぼ並ぶ2台。これまで以上に悩ましい選択となろう。もちろん全グレード=車そのものもブラッシュアップされた。
ドライブフィール
驚きのGS350。その足の完成度はかなり高い
レクサス GS 走り|ニューモデル試乗レクサス GS エンジン|ニューモデル試乗レクサス GS アルミホイール|ニューモデル試乗
 最も驚かされたのがGS350だった。シャーシの動きははっきりとしなやかになり、ステアリングフィールも頼もしく、またエンジンとミッションの動きも上質である。最も中心的なグレードを進化させることは、ブランド物になればなるほどに重要だ。そういう意味ではレクサスは、自らの位置づけに対して真摯に対応していると思う。とにかく、GS350の完成度は素晴らしく、ようやくこのクラスでも世界に伍するモデルが出たと、胸を張って言えそうだ。
 比べてツメが甘かったのが注目のGS460である。確かにパワーユニットは素晴らしい。フラッグシップとしてのパワフルさも十分に感じさせる。けれども、低速域における乗り心地など、物足りない面もあった。今後に期待したい。
こんな人にオススメ
GS350は元Eクラス&5シリーズ4気筒ユーザーに、ステップアップモデルとして受け入れられてもいいと思う。それぐらいにバランスのいいモデルだ。460およびハイブリッドに関しては、レクサスというブランドに対して何らかの思い入れがある人がオススメの対象だろう。レクサスは今“国産以上ドイツプレミアム以下”の段階にある。
主要諸元のグレード GS460
駆動方式 FR
トランスミッション 8AT
全長×全幅×全高(mm) 4850×1820×1425
ホイールベース(mm) 2850
車両重量(kg) 1740
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V8DOHC
総排気量(cc) 4608
最高出力[kW(ps)rpm] 255kW(347ps)/6400rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 460N・m(46.9kg-m)/4100rpm
10・15モード燃費(km/L) 9.3
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/71
車両本体価格 GS460“バージョンL” 761万円
GS350“バージョンI” 579万円
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027