新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight/1.6GT-S EyeSight【試乗レポート】(松本英雄) / navi

クルマニュース

スバル レヴォーグ 1.6GT EyeSight/1.6GT-S EyeSight【試乗レポート】(松本英雄) / navi

(2014/09/16)

▲今回試乗した1.6GT EyeSight▲今回試乗した1.6GT EyeSight

エンジンのクオリティは2.0Lモデルよりもスマート

レガシィのサイズアップによってできた隙間を埋めるように開発が進められていた「LEVORG」。今回は新開発ユニットを搭載し、販売台数の8割弱を占めるという1.6GT EyeSightと、よりスポーティなモデルである1.6GT-S EyeSightに試乗した。

まずは1.6GT EyeSight。最大トルクを発生する1800回転まではターボに頼らないトランスミッションのギア比でトルクを稼ぐ。「1.6Lだな」という出足だ。しかし2Lモデルと比べ、静粛性は明らかにこちらの方が上。さらにスポーティな乗り心地を感じる一方で軽やかな印象もある。

2.0GT EyeSightと同様に1.6GT EyeSightにもSI-DRIVEが搭載されている。こちらはIとSモードの2つ。Iモードで市街地を走り、そのまま高速の入口から合流まで加速する。ごく普通の穏やかな反応である。そのまま踏み込んで加速しても、エンジンのバイブレーションが少なく音もハーモニックである。

出力では2Lの方が上だが、エンジンの質はこちらの方がスマート。CVTの恩恵でトルクが不足せず、エンジンも粘り強いしノイズも気にならない。

さらに欧州のフィーリングを持ちつつレギュラーガソリン仕様というのはとても好感がもてる。エンジニアのメカニカルオクタン価を向上させる技術と点火タイミングの調整により、リニアなトルク感を実現できたのではないかと思う。

▲スポーティさと軽やかな印象を両立させたインテリジェント“DIT”エンジン ▲スポーティさと軽やかな印象を両立させたインテリジェント“DIT”エンジン

SI-DRIVEを今度はSモードに切り替える。1.6L直噴ターボはIモードよりもさらにスムーズで力強い加速とクルージングを行う。17インチモデルだけあって、インパクトハーシュネスは軽減されている。初期のサスペンションの動きがもう少しスムーズだとなお良いが、トータルで見るとオススメのモデルである。

ワインディングでも車軸よりも前方にマウントしたエンジンが軽量なので、ターンインにおけるハンドリングは軽快。これは2.0GTでも同様だが電動パワーステアリングはしっとりと重めで安心感がある。

次に1.6GT-S EyeSightである。このモデル最大の特徴はおなじみのビルシュタイン製のダンパーが装着されているところだ。ビルシュタイン製の特徴であるガス式のダンパーは倒立式やラム式のフロントサスペンションが可能なため、ブレーキングやコーナリングでたわみやすい形式には有利だ。

しかもこの仕様だけアルミ合金ロアアームとピボットにゴムブッシュではなく金属ブッシュ(ピロボール)が使用され、動きと剛性感は格別なモノになるはずだ。

▲ワインディングでの安定感も抜群な1.6GT-S EyeSight ▲ワインディングでの安定感も抜群な1.6GT-S EyeSight

走り出して間もなく、段差を越えたときから動きの違いが分かる。極めて微動な動きに対してしなやかにダンパーが利いている。とは言っても通常のGT仕様よりもぐっと締め上げている。

高速での連続する大きなうねりに対してもしなやかなダンピング処理が行われ、不安感は皆無である。高速コーナーでも、高剛性のサスペンションによりダイレクトかつ安心感を得られる。

ワインディングでもっとも感じられたのはターンインにおけるフロントの姿勢だ。GTよりもノーズダイブが少なく接地感も高い。特にリアの動きはシャシーをこのサスペンションに合わせたのではないかと思うほど、ぴったりと息が合っている。また、ダイアゴナルの動きに対してもドアまわりが歪まなかった。これほど剛性の高いシャシーは先代のアウディRS4以来であった。

最後にすべてのモデルを通じてひとつ苦言を呈するとすれば、エアコンが入った瞬間の音とエンジンにかかる負荷の制御。まだまだ質を向上できる部分だと思う。

【SPECIFICATIONS】
■グレード:1.6GT EyeSight ■乗車定員:5名
■エンジン種類:水平対向4DOHC+ターボ ■総排気量:1599cc
■最高出力:170/4800-5600[ps/rpm] ■最大トルク:250/1800-4800[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4690×1780×1485(mm) ■ホイールベース:2650mm
■車両重量:1530kg
■車両本体価格:277万5600円(税込)

■グレード:1.6GT-S EyeSight ■乗車定員:5名
■エンジン種類:水平対向4DOHC+ターボ ■総排気量:1599cc
■最高出力:170/4800-5600[ps/rpm] ■最大トルク:250/1800-4800[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4690×1780×1490(mm) ■ホイールベース:2650mm
■車両重量:1550kg
■車両本体価格:305万6400円(税込)

text/松本英雄 photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027