新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス NX【試乗レポート】(松本英雄) / navi

クルマニュース

レクサス NX【試乗レポート】(松本英雄) / navi

(2014/09/19)

▲高い静粛性と安定性を実現したコンパクトスポーツSUV▲高い静粛性と安定性を実現したコンパクトスポーツSUV

レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVはハイブリッドタイプとターボ搭載タイプ

レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVがレクサス NXだ。プラットフォームはコンパクトハッチバックのレクサス CTのものを成熟させており、剛性がアップしたことがドアを開閉した瞬間からも感じとれる。ハイブリッドタイプのNX300hと2Lターボエンジン搭載のNX200tがラインナップされ、ともにFFと4WDが選べる。

ハイブリットシステムも進化したようで、NX300hでは静粛性が向上した印象を受けた。しかし、NXの目玉はレクサス初のターボ車であるNX200tだろう。

その名に偽りのないF SPORTの運動性能

NX200tの中でも、スポーツ志向の強いF SPORTグレードのFFに乗った印象を凝縮してお伝えしよう。

▲F SPORT専用の本革スポーツシート。シャープなデザインだけでなく、優れたフィット感とホールド性を実現し、しっかりと身体をサポートしてくれる。カラーはブラック、ブラック&ダークローズ、ダークローズの3種類から選べる ▲F SPORT専用の本革スポーツシート。シャープなデザインだけでなく、優れたフィット感とホールド性を実現し、しっかりと身体をサポートしてくれる。カラーはブラック、ブラック&ダークローズ、ダークローズの3種類から選べる

エンジンの始動と同時に静粛性が良いのに驚く。4気筒特有のアイドリング時の振動も抑えられている。走り出しのトルクは急に立ち上がることもなく、リニアで扱いやすい。

▲NX200tには新開発された2Lターボエンジンが搭載されている。JOC08モード燃費はFFで12.8/L、4WDで12.4/L。最大出力は238psとなる▲NX200tには新開発された2Lターボエンジンが搭載されている。JOC08モード燃費はFFで12.8km/L、4WDで12.4km/L。最大出力は238psとなる

一般的にハッチバックはリア側の剛性不足により、段差を乗り越えた瞬間のバイブレーションや左右の細かなシャシーの振動が出がちだが、それも感じられない。これはF SPORTに標準で装着されているヤマハ発動機製のショックアブソーバーとNAVI・AI-AVSという可変ダンバーのマッチングが良好だからだ。車高の高いSUVにも関わらず、不安なロールを抑え車体をフラットに保ち、終始安定したハンドリングを可能にしているのはこの組み合わせのおかげと言える。フロントのサスペンションをつかさどるナックルアームの剛性が向上したことも、安定した走行を実現しているひとつの要因と言えるだろう。

上りの山間部でアクセルを踏み込んでみる。腰下のクランクケースの剛性も高く、不愉快なバイブレーションは全くない。欧州での評価を考えてコストをかけた部分でもあろう。ATでもスポーティなセッティングで、トルクの急激な落ち込みもなく、歯切れの良いステップアップ・ダウンを繰り返してくれる。コンパクトスポーツSUVの名に偽りはない。

【SPECIFICATIONS】
■グレード:300h F SPORT■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列4DOHC+モーター ■総排気量:2493cc
■最高出力:152/5700[ps/rpm]+143[ps]
■最大トルク:206/4400-4800[N・m/rpm]+270[N・m]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4630×1845×1645(mm) ■ホイールベース:2660mm
■車両重量:1790kg
■車両本体価格:556万円(税込)

■グレード:200t F SPORT ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直列4DOHC+ターボ ■総排気量:1998cc
■最高出力:175/4800-5600[ps/rpm]■最大トルク:350/1650-4000[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4630×1845×1645(mm) ■ホイールベース:2660mm
■車両重量:1740kg
■車両本体価格:492万円(税込)

text/松本英雄 photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027