新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧M・ベンツCクラスにワゴンモデル追加 【試乗by西川淳】 / navi

クルマニュース

M・ベンツCクラスにワゴンモデル追加 【試乗by西川淳】 / navi

(2007/12/07)

Report/西川 淳

結論。Cセダンと同じく、買い!

現行Cクラスサルーンの評判がめちゃくちゃいいでしょ?っで、どうせやったらワゴンがええな、って思っている人がいたとしたら、もう文句なしにオススメします。最強の実用乗用車の一台として。

たぶん、ベストチョイスはセダンと同じくC250だな。今回、ドイツで乗れたのはC350、C280(日本名C300)、C320Cdi。C200Kも残念ながら乗れなかったけれど、セダンと同じように類推すれば、ベストはC250だと思う。しみじみいいなって思えるバランスに仕上がっているんじゃないか、と。セダンがそうだったからね。

新しいCワゴンの特徴は、何と言っても“ワゴンらしく”なったこと。以前の丸まったお尻がスポーティで好き、という方もいらっしゃるでしょうが、やっぱりワゴンなんだから目一杯積めたほうがいいや、というのが今回の趣旨ですな。旧型比+146Lとなる、最大1500Lの積載容量を確保しました(VDA法)。

荷室の機能性も魅力。電動テールゲートも備わった。これで走りがセダン並みなら言うことなし・・・。で、結果は冒頭のごとく。セダンと同様、とても良い出来なわけです。

基本的には、セダンと同じテイストの走り、当たり前だけど。荷室が大きくなったことで懸念された“空気を大量に運ぶ感じ”もほとんどない。空荷だと若干、フロアにビビリが出ていて、後ろの大きな空間の影響がやっぱりあるのかなあと思わせる場面もあったけれど、大きく気になるほどじゃない。
 
それよりも、例の機敏なステアフィールが、ややマイルドになった印象をウケましたね。数字的な速さは変わっていないと思うけれど、味つけで角を落としたというか。確かに以前と比べれば速いステアリングなんだけど、“あれれ?”って思うほどじゃない。メルセデスらしさが幾分、戻ってきたかな。そういう意味でも、実用乗用車として完成度が増したし、荷物も積めるし、セグメントリーダー的な走りの完成度は言うことナシだし、ということで、これからオススメの一台です。

今回登場した車、メーカーたち

M・ベンツ

ラグジュアリィでも走りの実力はピカイチ

ライバルの車たち

アウディA4アバント

新車は高くても中古車なら意外とお手頃に探せる

BMW3シリーズツーリング

ワゴンモデルでも走りを忘れていないのは、さすが

VWパサートバリアント

同じ価格帯でワンランク上のワゴンを狙いたい人向け

アルファロメオ159スポーツワゴン

ドイツ勢に打ち勝つプレミアム伊達ワゴン

ボルボV50

昨今少なくなったスクェアデザインが“通”かも

フォトコレクション

写真:欲しいと思うなら即買い!
欲しいと思うなら即買い!

最強の実用車と呼んでもいいかもしれない。基本的にはセダンと同じテイストの走り、当たり前だけど。荷室が大きくなったことで懸念された“空気を大量に運ぶ感じ”もほとんどない

写真:リアスタイルは好き嫌い
リアスタイルは好き嫌い

新しいCワゴンの特徴は、何と言っても“ワゴンらしく”なったこと。以前の丸まったお尻がスポーティで好き、という方もいるだろうが、荷物を優先してスクェアを重視したデザインに

写真:ワンタッチでフラットに
ワンタッチでフラットに

後席の背もたれはワンタッチで折り畳むことができる。ヘッドレストを気にしなくていいのは、嬉しい工夫だ。日本車の優れたユーティリティをちょっと真似したのかしらん?

写真:カメラマン向けかしらん?
カメラマン向けかしらん?

リモアのスーツケースを満載した広報写真がありました。M・ベンツが理想とするCクラスワゴンの使い方かもしれません。カメラマンやスタイリストにウケそうな積載量です

写真:試乗会でのひとコマ
試乗会でのひとコマ

欧米や中国では、このようなデコレーションが施された車を見かけることがあります。ちょっと運転しにくそうですが、新婚カップルを乗せた車です。めでたいねぇ!


クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

関連ニュース

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027