新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ ワゴンR【試乗レポート】(松本英雄) / navi

クルマニュース

スズキ ワゴンR【試乗レポート】(松本英雄) / navi

(2014/10/03)

▲ワゴンRに新しく設定されたグレード「FZ」。「エネチャージ」を進化させた「S-エネチャージ」が採用され、FFモデルではJC08モード燃費32.4km/Lを達成している▲ワゴンRに新しく設定されたグレード「FZ」。「エネチャージ」を進化させた「S-エネチャージ」が採用され、FFモデルではJC08モード燃費32.4km/Lを達成している

最大のトピックはモーター機能付き発電機の採用

電気的な負担を低減して燃費に貢献する「エネチャージ」が話題を呼んだ現行型が登場してからおよそ2年。今回のマイナーチェンジでは、「エネチャージ」を進化させた「S-エネチャージ」が搭載された。注目は、加速時にはアシストを兼ねた動力用のモーターとなり、減速時には高効率の発電機となるモーター機能付き発電機「ISG(インテグレーテッド スターター ジェネレーター)」の採用だ。

減速時に発電したエネルギーは、スターター用の鉛バッテリーとエネチャージ専用のリチウムイオンバッテリーに蓄えられる。日産 セレナの「S-HYBRID」と同じ仕組みだが、ワゴンRの場合はリチウムイオン電池を採用して効率を高めている。アイドリングストップからのエンジン再始動は鉛バッテリーから、加速アシストはリチウムイオンから供給される。

S-エネチャージにより燃費も走りも進化した

今回のマイナーチェンジでは内外装に目立った変更はないものの、心臓部の違いは走り出して間もなく体感できる。副変速付きのCVTのおかげで660ccながら発進は極めてスムーズ。そこからアクセルを踏み込むと、エンジンのトルクとは異なる補助的な後押しを感じる。ISGの動力用モーターが介入したのだ。これにより燃料消費を抑えながら加速が得られる。ISGの介入はあくまで自然だ。

減速時は13km/h以下でアイドリングストップ機能が作動する。ニュートラル制御によりエンジンブレーキは利かなくなるため、停止時は多少ブレーキを強めに踏んだ方が良いだろう。アイドリングストップからの再始動は非常に早く、安心感は高い。

スティングレーは、中身は標準車と同じだが、タイヤが異なるため乗り心地と静粛性に違いがある。硬めのタイヤはスポーティな外観の雰囲気に合わせたチョイスなのかもしれないが、標準車に比べリアからの音が気になった。

▲こちらはワゴンRスティングレーの「X」。スティングレーにはもちろんターボ搭載車も用意されている ▲こちらはワゴンRスティングレーの「X」。スティングレーにはもちろんターボ搭載車も用意されている

【SPECIFICATIONS】
■グレード:ワゴンR FZ ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直3DOHC ■総排気量:658cc
■最高出力:52/6000[ps/rpm] ■最大トルク:63/4000[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:3395×1475×1660(mm) ■ホイールベース:2425mm
■車両重量:790kg
■車両本体価格:137万2680円(税込)

■グレード:ワゴンRスティングレー X ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直3DOHC ■総排気量:658cc
■最高出力:52/6000[ps/rpm] ■最大トルク:63/4000[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:3395×1475×1660(mm) ■ホイールベース:2425mm
■車両重量:800kg
■車両本体価格:146万1240円(税込)

text/松本英雄 photo/尾形和美
/
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027