新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランボルギーニ ウラカンLP610-4【試乗レポート】(西川淳) / navi

クルマニュース

ランボルギーニ ウラカンLP610-4【試乗レポート】(西川淳) / navi

(2014/10/16)

人を選ばなくなった、という点でアウディR8に次いでフレンドリーなスーパーカー。とはいえそれでも尚、2シーターミッドシップの自然吸気エンジン付きは、相対的には我儘な存在だ。これまでランボルギーニを敬遠してきた人にこそ乗ってほしいと思う!人を選ばなくなった、という点でアウディR8に次いでフレンドリーなスーパーカー。とはいえそれでも尚、2シーターミッドシップの自然吸気エンジン付きは、相対的には我儘な存在だ。これまでランボルギーニを敬遠してきた人にこそ乗ってほしいと思う!

誰でもどこでもいつでもランボルギーニ

日本で乗っても、やっぱり文句ナシにオールマイティなスーパーカーだった。雨の箱根で乗ってみて、その隙のなさに感動すら覚えた。これまでのランボルギーニにはまるでなかったライドフィール。フェラーリオーナーが乗り替えても、初めて納得できるランボルギーニ。いやはや、もはやランボーなスーパーカーなど、消え失せる運命にあるというのだろうか…。

アルミスペースフレーム骨格を基本に随所にCFRPを用い、軽量化はもちろん安全性や剛性を向上させた アルミスペースフレーム骨格を基本に随所にCFRPを用い、軽量化はもちろん安全性や剛性を向上させた

インテリアがゴージャスだ。フラッグシップのアヴェンタドールより豪華なのだ。個人的には、そんなに華美にならんでも、と思うのだけれど、ラグジュアリースーパーカーという路線は、実は創始者フェルッチョが望んだもの。50周年を経て、ミッドシップスーパーカーでありつつもラグジュアリー路線を極めようとしている。

機能面ではパドルシフトが大きくなったのが嬉しい。その代わり、方向指示器とワイパーがステアリングホイール上のスイッチになって、とても使いづらくなってしまったけれど。

インパネには12.3インチTFTパネルを採用。室内はガヤルドより広く、視界も改善された インパネには12.3インチTFTパネルを採用。室内はガヤルドより広く、視界も改善された

乗り心地も素晴らしい。マグネティックライド無しだと少しゴツゴツするが、有りのストラーダモードは、とてもまろやかだ。そして、スポーツ、コルサとセットをハードにしていくと、はっきり個性が分かれるのも嬉しい。運転していて楽しいのは、オーバーステアを許容するスポーツモード、というのはアヴェンタドールと同じ。

シフトアップが抜群にいい。デュアルクラッチミッションを手に入れて、トルクが途切れることなく、腹の真ん中を抜けるように、がんがんシフトアップできる。自然吸気エンジンの美味しいところを存分に味わえる仕掛けだ。

一心同体感では、フェラーリ458の上をいく。だから日常性も高い。喜ぶ人は多いはず。

直噴とポート噴射を融合、環境性能まで高めたV10。0→100km/h加速3.2秒、最高速325km/h 直噴とポート噴射を融合、環境性能まで高めたV10。0→100km/h加速3.2秒、最高速325km/h

【SPECIFICATIONS】
■グレード:HURACAN LP610-4 ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V10DOHC ■総排気量:5204cc
■最高出力:610/8250[ps/rpm] ■最大トルク:560/6500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7DCT
■全長×全幅×全高:4459×1924×1165(mm) ■ホイールベース:2620mm
■車両重量:1422kg
■車両本体価格:2970万円(税込)

text/西川淳 photo/郡大二郎
クリックでタグの選択
最新ニュース
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
新型CR-Vはブレーキのコントロール性が非常に良い! ラグジュアリーとスポーティを両立したモデル(2018/11/27)
乗る前から分かっていたが、乗っても最高だった NEW アルピーヌ A110(2018/11/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027