新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ プロボックス/サクシード【試乗レポート】(松本英雄) / navi

クルマニュース

トヨタ プロボックス/サクシード【試乗レポート】(松本英雄) / navi

(2014/10/17)

▲2002年の登場以来、初のマイナーチェンジを受けたプロボックス/サクシード。営業現場の声がつぶさに拾い上げられ、また一段「プロフェッショナル」のための車が進化した▲2002年の登場以来、初のマイナーチェンジを受けたプロボックス/サクシード。営業現場の声がつぶさに拾い上げられ、また一段「プロフェッショナル」のための車が進化した

営業車として大切なポイントを押さえた車

プロユース向けにトヨタが専用ボディで作ったのがプロボックス/サクシードだ。今回、2002年に登場以来初のマイナーチェンジを受けた。排気量はプロボックスが1.3Lと1.5L、サクシードは1.5Lのみとなっている。ともにガソリン仕様だ。

▲こちらは109psを発生するプロボックスの1.5Lエンジン。95psを発生する1.3Lエンジンもラインナップする。サクシードは1.5Lエンジンのみ ▲こちらは109psを発生するプロボックスの1.5Lエンジン。95psを発生する1.3Lエンジンもラインナップする。サクシードは1.5Lエンジンのみ

まずは1.5L仕様から。荷室に100kgのおもりを乗せてのインプレッションとなる。登り坂での発進は、ヒルスタートアシストのおかげでブレーキペダルから足を離してもすぐには下がらない。これは荷物を積んでいる商用車にはとても助けになる。下がることを嫌って必要以上にアクセルを踏み込むと、発進と同時にトルクが急激に立ち上がって加速するため、積んだ荷物も動きやすい。このアシストはそれらを緩和する役割もある。

▲ラゲージスペースは2名乗車時で400kg、5名乗車時で250kg積載可能。A4コピー用紙箱で最大89個を積むことができる ▲ラゲージスペースは2名乗車時で400kg、5名乗車時で250kg積載可能。A4コピー用紙箱で最大89個を積むことができる

荷物を積んでいることもあるだろうが乗り心地はすこぶる良い。ガタピシひとつ言わず商用車であることをつい忘れてしまう。また、電動パワステでありながら、地に足が付いた手応えのある操舵感も良い。落ち着いてステアリング操作ができる設定はドライバーの疲労軽減につながるからだ。エンジンはトランスミッション(CVT)との調和によりトルクは十分だが、回転が上昇したときのノイズが気になる。

1.3L仕様は走る楽しさも存分に味わえる

続いて1.3L仕様を試した。今度は助手席にも体重50kgほどの同乗者を乗せてのインプレッション。それにも関わらず良く走る。エンジン回転は高くなりがちだが、1.5Lよりもノイズは少なく快適だ。CVTとのマッチングが良く、走らせる楽しさも存在する。営業マンが車好きならばこちらを気に入るはずだ。

1.3Lは燃費で劣るものの最大トルクが1.5Lよりも800回転も低いところで発生するため、200cc少ない排気量の差はそれほど感じない。営業車は運転者が疲れにくい仕様がいちばん大切だが、それは排気量ではなく全体的なバランスであることが分かる1台である。

▲センタートレイは、照明とドリンクホルダーが付き。1Lの紙パックも収納できるサイズ ▲センタートレイは、照明とドリンクホルダーが付いている。1Lの紙パックも収納できるサイズ
▲運転席左側に設置されているマルチホルダーは、スマートフォンやメモ帳などが収められる。幅の調整も可能で、最大幅は80mm ▲運転席左側に設置されているマルチホルダーは、スマートフォンやメモ帳などが収められる。幅の調整も可能で、最大幅は80mm

【SPECIFICATIONS】
■グレード:プロボックス DX ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1329cc
■最高出力:95/6000[ps/rpm] ■最大トルク:121/4000[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4245×1690×1525(mm) ■ホイールベース:2550mm
■車両重量:1090kg
■車両本体価格:131.76万円(税込)

■グレード:サクシード TX ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1496cc
■最高出力:103/6000[ps/rpm] ■最大トルク:132/4400[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4245×1690×1530(mm) ■ホイールベース:2550mm
■車両重量:1170kg
■車両本体価格:179.8691万円(税込)

text/松本英雄 photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027