新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォードマスタング【海外試乗】(大谷達也) / navi

クルマニュース

フォードマスタング【海外試乗】(大谷達也) / navi

(2014/10/27)

▲四輪独立懸架となってピッチングやローリングなどの無駄な動きが減った結果、とばしたときの安定感は格段に向上。それでいてインテリアなどからはアメリカらしさがムンムン漂う。おまけに乗り心地は快適なので長年のアメ車好きにも新規参入組にもオススメできる▲4輪独立懸架となってピッチングやローリングなどの無駄な動きが減った結果、とばしたときの安定感は格段に向上。それでいてインテリアなどからはアメリカ臭がムンムン漂う。おまけに乗り心地は快適なので長年のアメ車好きにも新規参入組にもお勧めできる

とばして楽しく、しかもエコなマスタングが登場!

9年ぶりのフルモデルチェンジを果たした6代目は、思わず「格好いい…」と呟いてしまうほどスタイリッシュに生まれ変わった。

アメリカのスポーティカーの中には、パワフルなエンジンを積んでいることを暗示する目的でボンネットにパワーバルジ風の処理を施すことがあり、このため車全体がやや分厚く見えるケースが少なくない。対して新型マスタングはワイド&ローなスタンスを前面に打ち出しており、従来型よりもぐっと腰を落として大地に踏ん張っているように見える。天地方向に浅く、コンパクトに仕上げられたキャビンもその精悍さを強調するのにひと役買っている。

一方でファストバック・スタイル、3連テールライトといった伝統的なモチーフを引き継いでおり、ひと目見ただけでマスタングとわかるデザインに仕上げられている。

▲従来モデルより低くワイド(全高−35mm、全幅+40mm)に。象徴的なディテールは継承している ▲従来モデルより低くワイド(全高−35mm、全幅+40mm)に。象徴的ディテールは継承している

技術面では、5LのV8エンジンに加えてEcoBoostシリーズの新開発2.3L 4気筒ターボが追加されることと、リアサスペンションがリジッド式からインテグラル式と呼ばれる独立懸架(!)に生まれ変わったことが最大の特徴。

2.3Lエンジンはなかなかパワフルで、こちらも新開発となる6MTとの組み合わせで最良の一面を示す。

一方のV8はスムーズさとトルクフルな走りが健在で、フォード初のパドルシフトが採用された6ATだろうと6MTだろうと文句なしに“アメリカン・マッスルカー”の走りが満喫できる。

▲航空機のコクピットからインスピレーションを得たという伝統の左右対称、水平基調なインパネデザイン ▲航空機のコックピットからインスピレーションを得たという伝統の左右対称、水平基調なインパネデザイン

どちらを選ぶかは頭の痛いところだが、日本にはまず来年にマスタング50周年記念モデルの2.3L+6AT+左ハンドルが465万円で登場し、追って5L、6MT、右ハンドル(!)が順次デビューする予定。

“真打ち”は5L+6AT+右ハンドルか!?

▲ターボ、直噴、可変バルブタイミング機構などをもつダウンサイジングエンジン、2.3L EcoBoostをFRモデルに初搭載 ▲ターボ、直噴、可変バルブタイミング機構などをもつダウンサイジングエンジン、2.3L EcoBoostをFRモデルに初搭載

【SPECIFICATIONS】
■グレード:2.3-liter EcoBoost I4 ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:2260cc
■最高出力:314/5500[ps/rpm] ■最大トルク:434/3000[N・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:6MT
■全長×全幅×全高:4790×1920×1380(mm) ■ホイールベース:2720mm
■車両重量:1660kg

text/大谷達也 photo/フォード・ジャパン・リミテッド
クリックでタグの選択
最新ニュース
“ザ・上質モデル”の6シリーズGTで、東京→京都間を500km走って分かったこと。(2018/08/24)
DS新時代を切り開く、フラッグシップSUV『DS 7 CROSSBACK』誕生(2018/08/18)
軽バン市場に変革をもたらす1台! それがホンダ N-VANだ!(2018/08/16)
ただの若者向けラインと思うなかれ。BMWの挑戦が詰まったX2に乗った。(2018/08/13)
メルセデス・ベンツ新型G-Classが脅威のオンロード性能を備えて誕生! デザイン、力強さ、乗り心地……神っている。(2018/08/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027