新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW X4【試乗レポート】(島下泰久) / navi

クルマニュース

BMW X4【試乗レポート】(島下泰久) / navi

(2014/11/06)

▲実用性を冷静に判断したら、絶対に候補として引っ掛かってこないであろう車。それをあえて選ぶことは、まさにオーナーの我儘。おそらく、どんな人が乗っているか覗き込まれること必至▲実用性を冷静に判断したら、絶対に候補として引っ掛かってこないであろう車。それをあえて選ぶことは、まさにオーナーの我儘。おそらく、どんな人が乗っているか覗き込まれること必至

狙いどおりに“クーぺ”。格好が気に入れば買い

SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)を標榜してデビューしたX6の弟分として……などという説明は、きっと不要だろう。背の高いSUVでありながら屋根は低くリアゲートも強く寝かされたフォルムは、まさにX6のコンパクト版。X5とX3の外装がそれなりに違った印象なのに対して、こちらは遠目には一瞬、判別できないほど似ている。街中ではきっと並んでしまうこともあるだろうと考えると、もう少し違っていてもいい気はする。だって、どうしたって負けた感じがしてしまうでしょう?

とにかくこの格好が最優先なので、室内空間はハッキリと犠牲になっている。前席は着座位置が下がっているのでむしろスポーティとも言えるが、後席はドアの開口部からして小さく、座面も落ち込んでいて、それなのに頭上の余裕は最小限という具合。とは言え、クーペを標榜している以上、それは責めるべきポイントではないだろう。荷室容量は十分に大きいから、遊び道具を積み込むのには苦労はなさそうだ。

▲4WDと連動しエンジンとブレーキを制御して走行性能を向上させるパフォーマンス・コントロールも備えた ▲4WDと連動しエンジンとブレーキを制御して走行性能を向上させるパフォーマンス・コントロールも備えた
▲後席を40:20:40の三分割式とし使い勝手を向上。ラゲージ容量は通常500L、後席を倒せば最大1400Lに ▲後席を40:20:40の三分割式とし使い勝手を向上。ラゲージ容量は通常500L、後席を倒せば最大1400Lに

ラインナップはxDrive28iとxDrive35iの2タイプ。

前者の場合、車重は同じエンジンを積む328iより約300kgも重いのだが、走りは十分に軽快と言える。となれば後者については言わずもがな。直列6気筒ならではの贅沢な味わいも、車のキャラクターによく合っている。

ハンドリングはスポーティな仕立てで、背の高さを意識させることなく爽快に走らせることができる。そのぶん乗り心地は硬めなので、リラックスして乗るには不向きかもしれない。

▲Mスポーツにはホールド性の高いスポーツシートを標準装備。35iはスタンダードとともにネバダ・レザーを用意する ▲Mスポーツにはホールド性の高いスポーツシートを標準装備。35iはスタンダードとともにネバダ・レザーを用意する

まあしかし、そんなアレコレにも関わらず結局はX4、格好が気に入れば買いという車だろう。一方で、気に入らない人にとっては価値を見いだすのが難しい存在だ、とも言える。それでこそクーペだとするならば、間違いなくX4は狙いどおりの車に仕上がっている。

【SPECIFICATIONS】
■グレード:X4 xDrive35i M Sport ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直6DOHCターボ ■総排気量:2979cc
■最高出力:306/5800[ps/rpm] ■最大トルク:400/1200-5000[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4680×1900×1625(mm) ■ホイールベース:2810mm
■車両重量:1900kg
■車両本体価格:790万円(税込)

text/島下泰久 photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
【試乗】日産 フェアレディZ/GT-R/ノート e-POWER│思わずギリギリまで攻めたくなった! 低・中速域のコントロール性を雪上コースでテスト(2020/03/28)
【試乗】日産 NV350キャラバン/スカイライン│雪上でクルクル定常円旋回! 全く異なる2台を、ドリフト状態に持ち込みテスト(2020/03/25)
【試乗】日産 スカイライン400R/リーフe+/デイズ│雪上でのフルブレーキ&スラローム走行でわかった! モデルごとの車両制御性能の良しあし(2020/03/24)
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 ホンダ フィット│心地よさと走行性能を両立させ、先代より大幅な進化を感じる車だ(2020/03/18)
4
keep
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】日産 ノート e-POWER/セレナ e-POWER/エクストレイル│コンディションの悪い雪の公道で見えた、モデルごとの得手不得手(2020/03/30)
7
up
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
8
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
9
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027