新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン e-up!【試乗レポート】(松本英雄) / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン e-up!【試乗レポート】(松本英雄) / navi

(2014/12/04)

可愛いデザインの小型電気自動車e-up!に350万円を超える金額を支払うのは選び手のワガママ以外ない。乗って特に素晴らしいと思わせるものは見当たらなかったが、逆に極端にダメな部分もない。乗りやすくブレーキフィールも申し分ない。自分の考え方で買う車である可愛いデザインの小型電気自動車e-up!に350万円を超える金額を支払うのは選び手のワガママ以外ない。乗って特に素晴らしいと思わせるものは見当たらなかったが、逆に極端にダメな部分もない。乗りやすくブレーキフィールも申し分ない。自分の考え方で買う車である

「哲学はアンダーステートメント!」がふさわしい

5ナンバーサイズの100%の電気自動車を公道でドライブするのは初めてかもしれない。昨今の安全基準と大容量バッテリー搭載によるキャパシティを考えると、大型のプラットフォームや専用設計が必須になる。e-up!の感心するところは、基本は内燃機関による動力を軸にプラットフォームを作り、一方でEVとしてのポテンシャルも追求した点である。しかもVW話題の上級車種からの流用を考えたモジュールプラットフォームMQBではない。この点でe-up!は上級車種のエッセンスはなく専用なのだ。

車重はup!よりも3割弱増している。乗り心地はかなり良くなっているはず、と思いながら乗り込む。

専用のバンパーやホイールを装着、空力性能をさらに高めた。前後バンパーのC字型LEDはEVのみに備わる 専用のバンパーやホイールを装着、空力性能をさらに高めた。前後バンパーのC字型LEDはEVのみに備わる

相変わらずボディの建て付けは申し分ない。改めて作りの良さとキレイな仕立てには感心する。

受け渡されたe-up!の状態はエコモードであった。これは3種類のモードの中で真ん中に位置する。スムーズでパワーも十分。加速時も姿勢も乱れず無駄がない。次に一番パワーがあるノーマルモードを試す。押し付けられるような加速はないが十分速い。ギアチェンジのタイムロスを考えると連続的な加速をするe-up!は通常のup!よりも未来的だ。

コーナリング時のロールも吸い付くようでマナーの良い姿勢を維持する。乗り心地は断然e-up!のほうが上質だ。バネ上とバネ下の重量比で乗り心地は決まるが、e-up!はとても分かりやすい。

ブルーのアクセントでEVらしさを強調、専用ディスプレイも装備。リチウムイオン電池(230kg)は床下に配置される ブルーのアクセントでEVらしさを強調、専用ディスプレイも装備。リチウムイオン電池(230kg)は床下に配置される

決してイノベーションを感じるデザインや走行性能ではないが、VWの自動車に対する基本的なエッセンスが投入されている。目立たず勝ち誇ることなく雰囲気を醸し出すe-up!は、まさにアンダーステートメントに相応しい自動車のカタチなのだ。

満充電での航続距離は185km(JC08モード)。ブレーキの回生力は4段階に調整可能だ 満充電での航続距離は185km(JC08モード)。ブレーキの回生力は4段階に調整可能だ

【SPECIFICATIONS】
■グレード:e-up! ■乗車定員:4名
■エンジン種類:モーター ■最高出力:82/3000-12000[ps/rpm] ■最大トルク:210/0-2500[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:1AT
■全長×全幅×全高:3545×1650×1520(mm) ■ホイールベース:2420mm
■車両重量:1160kg
■車両本体価格:366.9万円(税込)

text/松本英雄 photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
魔法の絨毯のようなロールス・ロイス ファントムは、運転席こそが特等席だ(2018/05/09)
ライバルひしめくDセグに乗り込んだジュリアは、イタリア車の既成概念を打ち破る1台だ(2018/05/05)
情熱にも冷静にも対応できる車、それがアウディ Q5だ(2018/05/01)
ディーゼル車はパワーを、ガソリン車はインテリジェンスを手に入れたマツダ CX-5(2018/04/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027