新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス RC F【試乗レポート】(松本英雄) / navi

クルマニュース

レクサス RC F【試乗レポート】(松本英雄) / navi

(2014/12/12)

▲高いシャシー剛性と走る楽しみを徹底的に追求したレクサス RC F。走行モードを「エコ」「ノーマル」「スポーツ S 」「スポーツ S+」に切り替えることができる▲高いシャシー剛性と走る楽しみを徹底的に追求したレクサスRC F。走行モードを「エコ」「ノーマル」「スポーツ S」「スポーツ S+」に切り替えることができる

笑ってしまうくらい楽しいRC Fの走り

スポーツカーもしくは本格的な“GT”となれば、やはり2ドアクーペだ。たとえ停止していても動的なスタイリングを与えてこそ、スポーツクーペ発祥の地ヨーロッパで認められる。レクサスが満を持して作り上げたスポーツクーペであるRC Fとはいかなるものだろうか。

エコモードで20mも動かせば剛性が高いことが分かる。低速時の段差もボディのバイブレーションは皆無。サスペンションは不快にならない程度に小さくストロークする。十分なポテンシャルを感じさせる。程よく動いて、いなしも効いたサスペンションの性能を発揮するのはやはり高いシャシーの剛性のおかげだ。軽く流しているにも関わらず高揚感を誘う。

モードをノーマルにして踏み込む。モリモリと溢れんばかりのトルクとエグゾーストノートがステアリングへの集中力を一層高める。8速ATはダイレクトで歯切れの良いステップアップだ。ツインクラッチに引けを取らない。さらにスポーツ Sへとモードを切り替える。ドライブというよりも高速コーナをさばきたくなる。安定性も抜群だ。笑ってしまうくらい楽しい走りを味わえるモデルだった。

▲レクサスRC Fは5L V8エンジンを搭載し、最大477ps、54.0kgf-mを発生する ▲レクサスRC Fは5L V8エンジンを搭載し、最大477ps、54.0kgf-mを発生する
▲大きく張り出したリアのホイールフレアや低い位置に設定されたバンパー断面のピークなどワイド感と低重心を追及している ▲大きく張り出したリアのホイールフレアや低い位置に設定されたバンパー断面のピークなどワイド感と低重心を追求している
▲「カーボンエクステリアパッケージ」という最上級グレードは、ノーマルグレードに比べて車両重量が10kg軽い ▲「カーボンエクステリアパッケージ」という最上級グレードは、ノーマルグレードに比べて車両重量が10kg軽い
▲RC Fのシートにはヘッドレストと一体型のハイバックスポーツシートを用いた。ステッチも骨格や筋肉に沿った縫製パターンで、フィット感を向上している ▲RC Fのシートにはヘッドレストと一体型のハイバックスポーツシートを用いた。ステッチも骨格や筋肉に沿った縫製パターンで、フィット感を向上している

【SPECIFICATIONS】
■グレード:RC F ■乗車定員:4名
■エンジン種類:V8DOHC ■総排気量:4968cc
■最高出力:351(477)/7100[kW(ps)/rpm] ■最大トルク:530(54.0)/4800-5600[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4705×1850×1390(mm) ■ホイールベース:2730mm
■車両重量:1790kg
■車両本体価格:953万円(税込)

text/松本英雄 photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
新型アウディ A5は、ゆとりを持って優雅に乗るのが似合う(2017/11/11)
トヨタ ハイラックスが、走破性と乗り心地に磨きをかけて日本に帰ってきた!(2017/11/10)
マイナーチェンジでターボが追加されたハリアー。スポーティかつ安定感のある走りが実現(2017/11/05)
まるでハイドロのような穏やかな乗り心地のシトロエン C3(2017/11/02)
セダンに匹敵する高い運動性能を持つBMW 5シリーズツーリング(2017/11/01)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027