新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン パサート【海外試乗】(島下泰久) / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン パサート【海外試乗】(島下泰久) / navi

(2014/12/15)

▲新型パサートは大人の乗るべき上質な車に仕上がっている。居住空間や荷室も拡大されており、快適性や実用性といった点で誰にもガマンを強いることのない。ちなみにディーゼルも検討中とのこと▲新型パサートは大人の乗るべき上質な車に仕上がっている。居住空間や荷室も拡大されており、快適性や実用性といった点で誰にもガマンを強いることのない。ちなみにディーゼルも検討中とのこと

“良いモノ”だけではない、情緒にも訴える車に

ゴルフやポロとは打って変わって、これまで地味な存在に甘んじてきたパサート。しかし新型では、そんなイメージがちょっと変わることになるかもしれない。

特に外観では、目ヂカラのあるヘッドライトやギラついたフロントグリルがつくるマスクが凛とした表情をたたえているし、全長を短縮しながらホイールベースを延ばしてタイヤをボディの四隅近くに配置したプロポーションも、これまでより格段にのびやか。さらに、ボディサイドを走るキャラクターラインの鋭さといったら、これが本当に量産車かと思わせるほどで、とにかく“良いモノ感”が半端ないのである。

室内を見ても、何とメーターパネルはフルLED化。ナビ画面も真正面に表示できるなど、最先端の匂いが漂う。上質だけど退屈なんて、もう言わないはずだ。

▲セダンとワゴン(ヴァリアント)を用意。ワゴンのラゲージ容量は650~1780Lに。プラグインハイブリッドも登場予定 ▲セダンとワゴン(ヴァリアント)を用意。ワゴンのラゲージ容量は650~1780Lに。プラグインハイブリッドも登場予定

走りは、乗り心地柔らかく、室内も静寂で、快適性が際立つ。確かに試乗車はすべて可変ダンパー付きだったが、それだけではこの快適性は実現できないはず。やはりいちばんにはボディ剛性の高さが利いているに違いない。

気筒休止システム付きの1.4Lターボエンジンは最高出力150psと、現行モデルの10ps増し。一方で車重は軽減されているから、加速は伸びが良くなっている。これなら、もう遅いと思わせることはないだろう。

▲ダッシュボードの両端まで延びたエアベントも特徴的。現行型より室内長が33mm拡大した ▲ダッシュボードの両端まで延びたエアベントも特徴的。現行型より室内長が33mm拡大した

これまでは「良いんだけれど今イチ食指が動かない」存在だったパサート。新型は、いよいよ情緒にも訴える車になってきたと言える。

特にセダンは、これまでのVWに対するイメージを一変させるかもしれない。2015年中盤の日本上陸、お楽しみに。

▲本国では150psと240psという2種類の2Lディーゼルターボもラインナップする ▲本国では150psと240psという2種類の2Lディーゼルターボもラインナップする

【SPECIFICATIONS】
■グレード:1.4TSI ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1395cc
■最高出力:150/5000-6000[ps/rpm] ■最大トルク:250/1500-3000[N・m/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6MT
■全長×全幅×全高:4767×1832×1456(mm) ■ホイールベース:2791mm
■車両重量:1387kg

text/島下泰久 photo/フォルクスワーゲン グループ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
5
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3ファストバック|「外」も「内」も一層深化した新世代のハッチバック(2019/08/21)
7
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
8
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
9
down
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
10
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027