新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ V60/S60 ポールスター【試乗レポート】(藤野太一) / navi

クルマニュース

ボルボ V60/S60 ポールスター【試乗レポート】(藤野太一) / navi

(2014/12/16)

▲ボルボ×ポールスター初のコンプリートモデル。パワートレインはもちろん、ブレンボ製キャリパーやオーリンズ製ダンパーで強化された珠玉の1台だ▲ボルボ×ポールスター初のコンプリートモデル。パワートレインはもちろん、ブレンボ製キャリパーやオーリンズ製ダンパーで強化された珠玉の1台だ

上質な味付けのチューニングモデル

ポールスターとは、端的に言えば、AMGや、Mや、クワトロのようなものだ。1996年の創業以来、これまで850やS40 、S60、C30などでBTCCやWTCCなど欧州のツーリングカー選手権に参戦しており、ボルボのモータースポーツ活動における正式パートナーである。

実はボルボの新しいパワートレインDriveEも、これらのレース活動の中で先行して開発が進められてきたものだ。また、これまでも純正オプションとしてT6やT4エンジンのチューニングプログラム「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が設定されていた。近年、ポールスターはレースから市販車へ、その影響力を拡大している。

そして、晴れて自らの名を冠したコンプリートモデルの登場である。ベースとなったのは3L直列6気筒を搭載、四輪駆動のS60/V60の最上級モデル、T6 AWD R-DESIGNだ。これに50ヵ所以上に及ぶ改良、240点以上の専用パーツが組み合わせられる。

▲ボルグワーナー製のタービンを得たエンジンは350ps、500Nmを発揮する。スペックから想像していた以上のパフォーマンスを感じる ▲ボルグワーナー製のタービンを得たエンジンは350ps、500Nmを発揮する。スペックから想像していた以上のパフォーマンスを感じる

エクステリアでまず目がひくのが、癒し系のボルボらしからぬエッジのきいた20インチホイールだ。組み合わせられるタイヤはミシュランのスーパースポーツ。ホイールの中を覗きこむと、ブレンボ製の6ポッドブレーキキャリパーが鎮座している。見る人が見れば、これだけで只者じゃないということは理解できるだろう。ダンパーはDFV(デュアル・フロー・バルブ)を採用するオーリンズとの共同開発品だ。

R-DESIGN比でスプリングレートは80%、スタビライザーは15%増しと事前の説明を受け、恐々と車に乗り込む。始動の作法は普通の60と同様である。走りだすとステアリングを通じて、サスペンションの剛性の高さは伝わってくるが、不快な突き上げのようなものはない。さらにスポーツモードに切り替え、アクセルを踏み込む。マフラーに内蔵された電子制御フラップが開き、エグゾーストノートが高まる。直6エンジンが重厚感を伴いつつ滑らかに吹け上がる。気持ちもあがる。

そしてアシがしっかりと路面をつかむ。単に硬くして動かさないというセッティングではなく、先のDFVによる減衰力の調整によって、低速から中高速域までしなやかに、ダンピングのきいた動きをみせる。ハルデックス製のAWDはESCをオフにするとより多くのトルクを後輪へ配分するセッティングがされており、素直なハンドリングが味わえる。

ともするとこの種のチューニングモデルはスポーティになりすぎるきらいがあるが、ポールスターはそれをうまいさじ加減で洗練された上質な味付けに調理してみせた。

色はイメージカラーのレーベルブルーに、白と黒の3色の設定。あえてレーベルブルーは避けて、前後のポールスターエンブレムでさり気なくそれを主張するのが大人っぽくて雰囲気かもしれない。

▲センタースタックにはカーボンパネルが配され、透明のシフトノブの内側でさり気なく光るポールスターのエンブレムとともにスポーティーな雰囲気を演出する ▲センタースタックにはカーボンパネルが配され、透明のシフトノブの内側でさり気なく光るポールスターのエンブレムとともにスポーティーな雰囲気を演出する
▲ステアリングやシートなど随所にヌバックが採用されている。スポーティーでありながら上質感の表現にも一役買っている ▲ステアリングやシートなど随所にヌバックが採用されている。スポーティーでありながら上質感の表現にも一役買っている

【SPECIFICATIONS】
■グレード:V60 Polestar ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHCターボ ■総排気量:2953cc
■最高出力:350/5250[ps/rpm] ■最大トルク:500/3000-4750[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4635×1865×1480(mm) ■ホイールベース:2775mm
■車両重量:1810kg
■車両本体価格:819万円(税込)

■グレード:S60 Polestar ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHCターボ ■総排気量:2953cc
■最高出力:350/5250[ps/rpm] ■最大トルク:500/3000-4750[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4635×1865×1480(mm) ■ホイールベース:2775mm
■車両重量:1780kg
■車両本体価格:799万円(税込)


text/藤野太一 photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027