新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ グレイス【試乗レポート】(松本英雄) / navi

クルマニュース

ホンダ グレイス【試乗レポート】(松本英雄) / navi

(2015/01/13)

▲先代の「フィット アリア」とは大きく雰囲気を変え登場した新型車、グレイス。スモールセダンでありながら流麗なエクステリアと、質感の高いインテリア素材が採用された▲先代の「フィット アリア」とは大きく雰囲気を変え登場した新型車、グレイス。スモールセダンでありながら流麗なエクステリアと、質感の高いインテリア素材が採用された

パワートレインへの細やかな改善が見てとれる

アジア諸国における小型車への需要は高い。特にセダンには高級なイメージを抱く。グレイスは、ホンダが肝いりで開発を進めた5ナンバーセダン。日本市場はもちろん、アジアで求められる上質さを詰め込んだ1台だ。

フィットベースで作られているが、ホイールベースを70mm延ばして後席の居住性を向上させた。過去の5ナンバー枠のセダンというと実用性重視のデザインだが、最近のホンダはバタくさいほどスポーティ指向。グレイスもスポーツセダンの雰囲気をまとう。

最もハイグレードな16インチモデルのFF車「EX」を、一般道から高速道を含めて試乗した。乗り込むとAピラーはやや寝かせすぎな印象もある。走り出すとすぐに、フィットハイブリッドよりもスムーズで滑らかなトランスミッションとエンジン&モーターのマッチングに気付く。質の良い加速で静粛性も申し分ない。フィット初期のパワートレインに見受けられた、ギクシャクとしたネガな印象が払拭されていて心地よい。

モーターは、発進と加速の燃料消費が多い部分にアシストを加え、排気量を超えたドライバビリティを演出する。エンジンも回せば回したなりの加速と速度をストレスなく発揮する。ホンダの高いエンジンブロック剛性ならではの恩恵だ。

サスペンションストロークはゴツゴツとしたところもなく、ホンダとしては今までなかったと思えるほど乗り心地は快適。16インチのスポーティなタイヤであるがマッチングの良いセットアップだ。コーナリングでは、ほどよいロール剛性が確保されているおかげでハンドリングは良好である。たとえ横風を受けたとしてもその良さは変わらない。

一つ言うなら、ステアリングの高速域でのインフォメーションが若干希薄か。もう少し重みを感じるセッティングだと、長距離を運転したり車線変更を繰り返しても疲れないだろう。

総じてこのサイズとしては珍しく優良なセダンと言えそうだ。

▲ワンモーションのルーフラインをモチーフに、流麗なスタイルが追求されている ▲ワンモーションのルーフラインをモチーフに、流麗なスタイルが追求されている
▲ハイブリッドのみのラインナップで、セダンNo.1の低燃費34.4km/L(JC08モード)を実現している(2014年12月現在。プラグインハイブリッド車は除く。ホンダ調べ) ▲ハイブリッドのみのラインナップで、セダンNo.1の低燃費34.4km/L(JC08モード)を実現している(2014年12月現在。プラグインハイブリッド車は除く。ホンダ調べ)
▲コンパクトなボディサイズながら、アコードに匹敵するほどの後席空間が確保されている ▲コンパクトなボディサイズながら、アコードに匹敵するほどの後席空間が確保されている
▲スモールセダンでは珍しく、トランクスルー機構によって長尺荷物を積み込むことができる ▲スモールセダンでは珍しく、トランクスルー機構によって長尺荷物を積み込むことができる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:ハイブリッドLX ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC+モーター ■総排気量:1496cc
■最高出力:81(110)/6000+22(29.5)/1313-2000[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:134(13.7)/5000+160(16.3)/0-1313[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:7AT
■全長×全幅×全高:4440×1695×1475(mm) ■ホイールベース:2600mm
■車両重量:1180kg
■JC08モード燃費:34.4km/L
■車両本体価格:204万円(税込)

■グレード:ハイブリッドEX ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC+モーター ■総排気量:1496cc
■最高出力:81(110)/6000+22(29.5)/1313-2000[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:134(13.7)/5000+160(16.3)/0-1313[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:7AT
■全長×全幅×全高:4440×1695×1500(mm) ■ホイールベース:2600mm
■車両重量:1270kg
■JC08モード燃費:29.4km/L
■車両本体価格:240万9800円(税込)

text/松本英雄 photo/尾形和美、阿部昌也
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
3
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
4
keep
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
5
keep
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
6
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
7
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
8
up
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
9
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
10
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027