新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 2シリーズ アクティブツアラー【試乗レポート】(菊谷聡) / navi

クルマニュース

BMW 2シリーズ アクティブツアラー【試乗レポート】(菊谷聡) / navi

(2015/01/14)

▲ファミリー層が購入する場合には、家族の誰も反対しないと思う。「初めての輸入車層」や「VWやプジョーからプレミアムブランドへステップアップ層」にオススメ……というのが基本だろう。購入者の我儘を貫いて購入する……というキャラではない▲ファミリー層が購入する場合には、家族の誰も反対しないと思う。「初めての輸入車層」や「VWやプジョーからプレミアムブランドへステップアップ層」にオススメ……というのが基本だろう。購入者の我儘を貫いて購入する……というキャラではない

BMW初のFFモデル。たしかに完成度は高いのだが……

歴史が変わった。後輪駆動にこだわり続けてきたBMWが、FFモデルをラインナップに投入してきたのだ。

アクティブツアラーと名付けられたこのモデルは、明らかにミニバンの趣。BMWではSAT(スポーツ・アクティビティ・ツアラー)と新しい表現を用いているが、“スポーツ”を旨としてきたBMWには無縁と思われてきたカテゴリー。残念ながらそのフォルムから「駆けぬける歓び」を予感することは難しい。

運転席に座ると、そこは見慣れたBMWの運転環境。操作系スイッチの配置や触感、シートやトリムの素材感なども従来のBMWと変わりはない。

室内は広い。同セグメントのメルセデス・ベンツ A&Bクラス、アウディ A3と比べても、後席のゆとりやラゲージ容量などでは勝っているようだ。前後スライド可能なリアシートも利便性を高めている。

▲ベーシックモデルに加え、エレガントなスタイルのラグジュアリー、スポーティなMスポーツを用意▲ベーシックモデルに加え、エレガントなスタイルのラグジュアリー、スポーティなMスポーツを用意

試乗車は218i。搭載するエンジンは、MINIで完成度の高さを確認済みの直列3気筒ターボだ。

ピックアップの良さは期待以上で、エンジンサウンドも小気味よい。ハンドリングは素直でシャープ、ワインディングを軽快に走ることに不足はなく乗り心地もよい。

▲他モデル同様、ドライバー・オリエンテッドな仕立てに。クロームパーツなどで上質感を演出している ▲他モデル同様、ドライバー・オリエンテッドな仕立てに。クロームパーツなどで上質感を演出している

初のFF車としては完成度が高く、このセグメントが狙う「初めて輸入車を購入する若いファミリー層」にはオススメできる。ただし、やや優等生すぎてなにかモノ足りない。もう少しアクの強さがあってもよろしいかと。なんたってBMWなのだから。

さらに心配なのは、これまでFFを完全否定してきたセールス現場の方々。お客様からの反論にいかに備えるか……。

▲後席は130mmスライド可能となり使い勝手を向上、ラゲージ容量は通常468Lから最大1510Lを確保 ▲後席は130mmスライド可能となり使い勝手を向上、ラゲージ容量は通常468Lから最大1510Lを確保

【SPECIFICATIONS】
■グレード:218i Active Tourer Luxury ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直3DOHCターボ ■総排気量:1498cc
■最高出力:100(136)/ 4400[kW(ps)/rpm] ■最大トルク:220(-)/1250-4300[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4350×1800×1550(mm) ■ホイールベース:2670mm
■車両重量:1460kg
■JC08モード燃費:-km/L
■車両本体価格:381万円(税込)

text/菊谷聡 photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027