新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 308SW【試乗レポート】(南陽一浩) / navi

クルマニュース

プジョー 308SW【試乗レポート】(南陽一浩) / navi

(2015/01/26)

▲個人的にこれがEMP2シャシーの現ベストバランス。ハッチバックは運動神経よすぎて308Rに生まれなかったことを自ら呪ってる感じ。ゴルフ7に噛みつきにいった感がハッチバックより薄い点でも、お洒落ファミリーカーとして、非フランス車ファンに安心して薦められます▲個人的にこれがEMP2シャシーの現ベストバランス。ハッチバックは運動神経よすぎて308Rに生まれなかったことを自ら呪ってる感じ。ゴルフ7にかみつきにいった感がハッチバックより薄い点でも、おしゃれファミリーカーとして、非フランス車ファンにも安心して薦められます

史上最強のベストバランス・オブ・フレンチ

本国で左ハンドルのMTで乗ったときはよかったのに、日本仕様ではあれ? と肩透かしを食う、そんなことが従来のフランス車では多々あったが、新しい308SWはうれしいサプライズだった。右ハンドルの6速パドル付きATになったに関わらず、フランスで乗ったときの感触が鮮烈によみがえってきた。

それほどi-コックピットのステアリングフィールが自然で楽であることを、体が思い出したのだ。

3気筒1.2Lターボ・ピュアテックは、1750rpmで最大トルク230Nmを発揮する「今ドキの仕事が速いパワーユニット」。第3世代に進化したアイシン製トランスミッションEAT6の滑らかなシフトマナーもあって、さほど回転数を上げずにさっさと車をスピードにのせてしまう。しかも鼻先が軽く、ワインディングでは切った分だけ素直にノーズがインに食い込んでいく。

ロード・ホールディングをフランス語では「テニュ・ド・ルート」と呼び、地面をつかむだけでなく、狙ったラインから外れないトレース性やコントロール性そのものをも含むが、大雨の試乗というのに、新世代プラットフォームEMP2に刷新された308SWはリア、フロントとも接地感が薄れず、お手本のようなテニュ・ド・ルートを見せつけた。

ボディの剛性感、内装の質感の高さはハッチバック同様だが、ホイールベースが長くて走りに少しタメがある分、Dセグ風の高級感すらある。ちなみにパノラミックルーフの面積は1.69平方メートルと、407SWの1.6平方メートルすら超えた。

▲ハッチバックよりリアオーバーハングが220mm長い専用ボディを採用。シエロにはルーフレールを標準装備する ▲ハッチバックよりリアオーバーハングが220mm長い専用ボディを採用。シエロにはルーフレールを標準装備する

惜しむらくは、ワインディングではパドルシフトにほんのわずかなラグが感じられたこと。日常なら無視できるレベルだが、アシが楽しいだけにもっと鋭さが欲しくなる、贅沢な悩みか。

▲i-コックピットと呼ばれる、小径ステアリングやヘッドアップインストルメントパネルなどを備えたインテリアデザインを採用 ▲i-コックピットと呼ばれる、小径ステアリングやヘッドアップインストルメントパネルなどを備えたインテリアデザインを採用
▲ラゲージ容量は610Lとクラス最大級。後席は前方に倒すと座面が沈み込みフラットに。最大容量は1775L ▲ラゲージ容量は610Lとクラス最大級。後席は前方に倒すと座面が沈み込みフラットに。最大容量は1775L

【SPECIFICATIONS】
■グレード:Cielo ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直3DOHCターボ ■総排気量:1199cc
■最高出力:96(130)/5500[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:230(23.5)/1750[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4585×1805×1475(mm) ■ホイールベース:2730mm
■車両重量:1360kg
■JC08モード燃費:16.1km/L
■車両本体価格:339万円(税込)

text/南陽一浩 photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027