新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ダイハツ ムーヴの新型は「最高の快適さ」を目指したモデルである / navi

クルマニュース

ダイハツ ムーヴの新型は「最高の快適さ」を目指したモデルである / navi

(2015/02/05)

▲ムーヴカスタムに新たに設定された最上級グレード「RS“Hyper SA”」。LEDイルミネーション付きのグリルとバンパー、ブラック塗装が施されたアルミホイールなどが特徴だ▲ムーヴカスタムに新たに設定された最上級グレード「RS“Hyper SA”」。LEDイルミネーション付きのグリルとバンパー、ブラック塗装が施されたアルミホイールなどが特徴だ

デザインから、クラスを超えたクオリティが垣間見えた

日本国内で普通乗用車を脅かす存在なのが軽自動車だ。燃費競争も激化していたが、最近の軽自動車を試乗すると燃費よりもメーカーによる“質感競争”が激化しそうだと、ひしひし感じる。

新しくなったダイハツ ムーヴは、まさに質を向上させたモデルだ。ボディのプレス面といい、塗装といい、ドアを開けたプレスといい、普通乗用車を超えている部分も見受けられた。他のメーカーの200万円級よりも塗装が良いのには、正直驚いている。

では、走りはどうか。NAエンジンを搭載するムーヴX“SA”とターボエンジンを搭載するムーヴカスタムRS“Hyper SA”を試乗した。

質感だけでなく、走りの“質”も向上

まずはムーヴに乗る。シートとペダル、ステアリングのレイアウトは適切で、視認性も高い。細かな気配りを感じるデザインだ。

走り出してすぐに、乗り心地がとても良いことに気づく。10mも走れば分かるほどだ。石畳の道を走ってもステアリングホイールにバタツキがなく、接地感もきちんとある。サブフレームとボディの取り付け剛性も増した。ブレーキングやコーナリングなどで沈み込む際の安定感も向上している。軽量化されているが、強度の高い素材が用いられ、キャビンはさらにしっかりした。

アイドリングストップからの再始動の時間とスターターモーターのノイズが若干気になったが、不満を感じるほどではなかった。

一方、カスタムは十分なトルクで、エクステリアの意匠に合った加速を味わえる。エンジンのノイズもこちらの方が抑えられていて、高速では静かだろう。CVTとの相性も良く、キビキビと走り、変速も素早い。

15インチの専用ホイールとサスペンションのマッチングがすこぶる良い。クラスを超えるハンドリングと乗り心地だ。扁平率の低いタイヤは乗り心地が悪くなりがちだが、こちらの方がしっくりとしているのには驚いた。

サスペンションは、取り付け剛性と力の逃がし方が研究されたことや、緩衝剤であるバンプストッパーに高価なウレタンが採用されたことで、力が加わったときでも衝撃をコントロールし柔らかく受け止めてくれる。ショックアブソーバーも細かな動きに反応して、ダンピングが効くので乗り心地と質感の向上に役立っている。

性能が向上した見えない部分からは、ダウンサイズしてくるユーザーを納得させる使命感を感じた。軽自動車の中で「最高のコンフォート(快適さ)」を目指していることが、乗れば分かる1台だった。

▲こちらはムーヴ。高剛性のボディが用いられ、デザインは空力にも考慮している こちらはムーヴ。高剛性のボディが用いられ、デザインは空力にも考慮している
▲ムーブの内装。ステアリングとペダルのレイアウトや、シート形状などが変更され、長時間の運転でも疲れにくくなった ▲ムーブの内装。ステアリングとペダルのレイアウトや、シート形状などが変更され、長時間の運転でも疲れにくくなった
▲こちらはカスタム RS“Hyper SA”の内装。TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが装備され、操作性が増した ▲こちらはカスタム RS“Hyper SA”の内装。TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが装備され、操作性が増した
▲「Hyper」グレードには、青いステッチが施された本革のコンビシートが採用されている ▲「Hyper」グレードには、青いステッチが施された本革のコンビシートが採用されている

【SPECIFICATIONS】
■グレード:ムーヴ X“SA” ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直3DOHC ■総排気量:658cc
■最高出力:52ps/6800rpm ■最大トルク:60N・m/5200rpm
■JC08モード燃費:31.0km/L
■駆動方式:FF ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:3395×1475×1630(mm) ■ホイールベース:2455mm
■車両重量:820kg
■車両本体価格:130万6800円(税込)

■グレード:ムーヴ カスタム RS“Hyper SA” ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直3DOHCターボ ■総排気量:658cc
■最高出力:64ps/6400rpm ■最大トルク:92N・m/3200rpm
■JC08モード燃費:25.6km/L
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:3395×1475×1630(mm) ■ホイールベース:2455mm
■車両重量:900kg
■車両本体価格:179万2800円(税込)

text/松本英雄 photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 三菱 デリカD:5│悪路だけと思うなよ! 意外にもデリカD:5は峠最速ミニバンだった!?(2019/05/19)
【試乗】新型日産 デイズ|軽の進化が止まらない!一気に進化したデイズをテストコースで全開試乗!(2019/05/18)
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ RAV4│オンロードでも楽しく、オフロードはもっと楽しく走れる本格SUV(2019/05/12)
2
keep
【試乗】新型 日産 リーフe+│航続距離の延びだけじゃない!公道試乗でわかった乗り心地の進化(2019/04/26)
3
keep
メルセデス・ベンツ 新型Aクラスに試乗。小型ハッチバックとしては決して安くない。だが車としてのバリューは価格以上だ(2019/02/17)
4
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼルツーリング|ボディ剛性がアップし足回りもしなやか! ついつい遠出したくなるようなコンパクトSUV(2019/03/15)
5
down
【試乗】新型ボルボ V60クロスカントリー|V60本来の良さをクロスカントリーが引き出す(2019/05/06)
6
up
【試乗】新型プジョー 508|デザインが革新的に変化! 鋭い加速が魅力的な1台(2019/04/29)
7
down
【試乗】新型 スバル フォレスター|ハイブリッド車とガソリン車を豪雪地帯で乗り比べ!(2019/03/12)
8
keep
【試乗】トヨタ サクシードバン ハイブリッド|働く車、商用車をワインディングで試す!(2019/05/01)
9
up
ホンダ 新型インサイトに試乗。スポーティセダンに生まれ変わり、走りも見た目もゆとりを手に入れた(2019/02/19)
10
down
【試乗】新型マツダ3(アクセラ)|素晴らしくマニアックな進化をしている! はっきりいって期待大だ!(2019/03/09)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027