新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ AMG GTは走りと向き合いたい人のためにある車である / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ AMG GTは走りと向き合いたい人のためにある車である / navi

(2015/02/09)

▲四の五の言わずに走るしかない。AMG GTのステアリングを握ると、自然とそんな気分にさせられる。誰かを横に乗せてのデートや買い物よりは、ひとりで走るために乗るのが似合うという意味では、非常に我儘な1台であることは間違いない▲四の五の言わずに走るしかない。AMG GTのステアリングを握ると、自然とそんな気分にさせられる。誰かを横に乗せてのデートや買い物よりは、ひとりで走るために乗るのが似合うという意味では、非常に我儘な1台であることは間違いない

走りと真剣に向き合う。硬派なリアルスポーツ

ポルシェ 911を仮想敵としていること、そしてGTという車名にだまされて、デイリーユースを見越したツアラー的な性格をもったスポーツモデルも想像していたのだが、実際には違っていた。

AMG完全自社開発スポーツカー第2弾として登場したAMG GTは、それこそ911でいうならGT3のような硬派なリアルスポーツだったのだ。

今回試乗できたのは高性能版のGT S。アルミスペースフレームシャシーにマグネシウムやスチールを組み合わせたボディには、確かにゴルフバッグが2個載るほどの荷室が備わるし、地上高にも余裕があり、普段使いに苦労は少なそうに見える。

しかし実際には乗り心地は硬いし室内空間はタイトだったりで、とても通勤やデートに使おうという気にはならない。

しかしながらしかるべきステージで鞭を入れてやれば、最高出力510psを発生するV型8気筒4Lツインターボエンジンは7000rpmまで一気に吹け上がり、7速DCTは多少のショックも厭わず電光石火の変速を行って、強烈に背中を押してくる。

フットワークも、操舵に対して長いノーズがインに入るばかりでなく、自分を中心に車全体がくるりと向きを変えるようなFRらしからぬシャープな仕上がり。これは前後重量配分に優れるトランスアクスルレイアウト、電子制御式LSDのおかげだろう。

▲トランスアクスルレイアウトを採用、エンジンはフロントミッドに配置された ▲トランスアクスルレイアウトを採用、エンジンはフロントミッドに配置された

あるいは最高出力462psのGTは、もう少しマイルドな乗り味なのかもしれない。けれど、快適性重視ならSLやSLKでもいいわけで、このAMG GTは、やはり走りと真剣に向き合いたい人のための車と解釈するべきなのだろう。

そりゃそうだ。AMG GTはベース車なしに、あのAMGが妥協なしに作り上げた1台なのだから。

▲室内はスポーティな仕立てに。ドライブセレクトのスイッチなどをセンターに配置。ラゲージ容量は350Lを確保した ▲室内はスポーティな仕立てに。ドライブセレクトのスイッチなどをセンターに配置。ラゲージ容量は350Lを確保した
▲AMGが開発した、小型軽量化された新しい4Lツインターボを搭載。0-100km/h加速は3.8秒(S)を誇る ▲AMGが開発した、小型軽量化された新しい4Lツインターボを搭載。0-100km/h加速は3.8秒(S)を誇る

【SPECIFICATIONS】
■グレード:S ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:3982cc
■最高出力:375(510)/6250[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:650(-)/4800[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:7DCT
■全長×全幅×全高:4546×1939×1288(mm) ■ホイールベース:2630mm
■JC08モード燃費:-km/L
■車両重量:1570kg

text/島下泰久 photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
7
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027