新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW X6は洗練された肉食系 / navi

クルマニュース

BMW X6は洗練された肉食系 / navi

(2015/02/12)

▲BMW X6の海外試乗に参加した。かつては後席2座の4人乗り仕様と相当にとんがっていたX6も、いまでは快適に5人が乗れる実用性とスタイルをうまくバランスさせたモデルに進化した。主戦場は米国&中国で日本の道には少々大きいが、しれっとこれを乗りこなせれば相当にカッコいい▲BMW X6の海外試乗に参加した。かつては後席2座の4人乗り仕様と相当にとんがっていたX6も、いまでは快適に5人が乗れる実用性とスタイルをうまくバランスさせたモデルに進化した。主戦場は米国&中国で日本の道には少々大きいが、しれっとこれを乗りこなせれば相当にカッコいい

大きく重く大排気量でパワフル

SUVをクーペデザインに仕立てる、それまでなかった斬新な企画によって初代X6が誕生したのが2008年のこと。以来、世界累計で25万台以上を販売したという。

約6年を経て登場した2代目は、一見キープコンセプトに見えるがディティールは大きく異なる。

フロント回りは面構成が複雑に、ヘッドライトはサイドまで回り込んでいる。BMWモデルの特徴である「sikke(ジッケ)」と呼ばれるショルダーラインは、この新型ではリアフェンダーで新たな2本目のラインがテールランプまで流れている。

また、注目なのがこれまで設定のなかった「Mスポーツ」と「デザイン・ピュア・エクストラヴァガンス」というゴージャス仕様が新たに追加されたことだ。

▲カメラとミリ波レーダーセンサーを用いた運転支援システムなど、多くの安全装備を標準とした ▲カメラとミリ波レーダーセンサーを用いた運転支援システムなど、多くの安全装備を標準とした

ボディは先代よりもさらに大きくなった。全長は4925mmと5mに、全幅は1990mmと2mに迫る勢いながら、CD値は0.32というからまさにSUVというよりはクーペのそれだ。

試乗した50iは450psを発生する4.4L V8に定評のある8速ATを組み合わせ、先代比で出力は約10%、燃費は約20%向上している。

▲10.2インチのコントロール・ディスプレイを配置。レザーシートを標準とするなど、室内も高級感を高めた ▲10.2インチのコントロール・ディスプレイを配置。レザーシートを標準とするなど、室内も高級感を高めた

試乗コースはサーキットが用意されていた。それもBMWの自信の表れだろう。本当によく走る。標準のシャシーでも接地感たっぷり、ブレーキも音を上げず、何の不満もなくサーキット走行を楽しめる。

一般道でも静粛性高く、乗り心地は快適。安全装備も最新のドライビング・アシスト・プラスが全車標準装備になるなどすべてにアップデイトされている。

洗練されているけど肉食系。大きく重く大排気量でパワフルであることって魅力的なんだと、あらためて感じさせてくれるモデルだ。

▲ラゲージ容量は先代より10L広い580L、3分割の後席を倒せば最大1525Lに。自動開閉機能が備わる ▲ラゲージ容量は先代より10L広い580L、3分割の後席を倒せば最大1525Lに。自動開閉機能が備わる

【SPECIFICATIONS】
■グレード:50i■乗車定員:5名
■エンジン種類:V8DOHCターボ ■総排気量:4394cc
■最高出力:450/5500[ps/rpm] ■最大トルク:650/2000-4500[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4925×1990×1700(mm) ■ホイールベース:2935mm
■車両重量:2270kg
■車両本体価格:1185万円(税込)

text/藤野太一 photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027