新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス IS 【一部改良】 / navi

クルマニュース

レクサス IS 【一部改良】 / navi

(2007/12/25)

走りの味つけはしっかり感が向上 さらに熟成領域へ進化したIS

(Tester/西川淳 Photo/尾形和美)
レクサス IS|ニューモデル試乗
コンセプト
大幅ではないが、ポイントを押さえた一部仕様改良を実施
 レクサスの各モデルは毎年、何らかの改良を受け進化している。欧州ブランドのようにイヤーモデル制こそ謳わないが実質それに近い。GSのマイナーチェンジと同時にLSやSC、ISにも一部仕様変更が施された。なかでもリア足回りスペース拡大やステアフィールの改善など、ISの変更は大きめだ。
ドライブフィール
ステアリングフィールのしっかり感がより向上した
 外観上ではアルミホイールがLSと同じ色(18インチはLSの19と、17はLSの18)になった。それだけで随分と印象が変わる。
 そんな“アシ”が変わったという印象は乗っても感じることができた。端的に言ってステアリングフィールにがっちりとした手応えが出た。ハンドル操作中のしっかり感・しっとり感が増し、これまでの華奢さ、敏感さがすっかり消えたのだ。結果、元来からよくできていたシャーシやボディのしっかり感を日常のライドフィールとして体感できるようになった。
 特に17インチがいい。18インチだと路面からの入力がダイレクトに掌へと伝わる場面がわずかに残るが、17インチならタイヤがうまく吸収する。感覚値としての乗り心地にも好影響を与えている。
主要諸元のグレード バージョンL
駆動方式 FR
トランスミッション 6AT
全長×全幅×全高(mm) 4575×1795×1435
ホイールベース(mm) 2730
車両重量(kg) 1600
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 3456
最高出力[kW(ps)rpm] 234kW(318ps)/6400rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 380N・m(38.7kg-m)/4800rpm
10・15モード燃費(km/L) 10.0
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/65
車両本体価格 525万円
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027