新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フェラーリ 458スペチアーレは史上最もフェラーリらしいフェラーリだ / navi

クルマニュース

フェラーリ 458スペチアーレは史上最もフェラーリらしいフェラーリだ / navi

(2015/02/23)

▲本人は選ぶ際の我儘度100%のつもりでも、助手席も周囲(ご近所さん)もまったく快適なので実は100%の我儘チョイスとは言えない。見栄だけで乗り回すこともぜんぜん可能だが、できれば「本籍はサーキット」というタイプに乗っていただきたい。年に数回サーキットを攻めるセレブにぜひ▲本人は選ぶ際の我儘度100%のつもりでも、助手席も周囲(ご近所さん)もまったく快適なので実は100%の我儘チョイスとは言えない。見栄だけで乗り回すこともぜんぜん可能だが、できれば「本籍はサーキット」というタイプに乗っていただきたい。年に数回サーキットを攻めるセレブにぜひ

驚くべき快適性を持ったレーシングマシン

これ以上速い車を作ってどうするのか。それが458イタリアオーナーがまず抱いた思いだ。

しかしフェラーリは容赦なく458スペチアーレを送り出した。それはフェラーリマニアへの愛の鞭であった。

ノーマルモデルに対するアドバンテージは、街乗りではそれほど明確には感じられない。乗り心地は十分すぎるほどしなやかで、静粛性もそれほど落ちてはいない。サウンドは確かにダイレクトかつレーシーだが、音量的には住宅街でも許容範囲。もちろん加速は鋭く、コーナリングの限界は果てが見えないほど高いが、あまりにも快適すぎる。

しかしその本質は、間違いなくレーシングカーだ。

本気で攻めたときのスペチアーレのこの軽さ、ダイレクトさはどうだ。エンジンレスポンスは天を衝き、あまりにもパワフルであるがゆえに、死を覚悟しない限り全開にはできない。限界まで大径化されたカーボンセラミックブレーキは、超絶なる瞬間停止を可能にしている。さすがに走り出して1つ目のコーナーでは冷えているが、3つ目のコーナーではもうすべてのパワーを吸い取るように減速させる。このあまりにもスーパーすぎる運動性能!

これは、公道で発揮できるレベルをはるかに超えている。あまりにもレーシングカーだ。しかしレーシングカーこそフェラーリの本質であり、レーシングカーに驚くべき快適性をも持たせたのがこの458スペチアーレなのだ。

そして最後のV8自然吸気マシン。458スペチアーレは、史上最もフェラーリらしいフェラーリとして、歴史に名を残すだろう。

▲ロードカー用NAとして世界最高を誇るV8エンジン。F1のノウハウが用いられ0-100㎞/h加速は3秒となる ▲ロードカー用NAとして世界最高を誇るV8エンジン。F1のノウハウが用いられ0-100㎞/h加速は3秒となる
▲デザインの特徴を変えることなく、ボディパネルを再設計。空力性能向上と軽量化が図られた ▲デザインの特徴を変えることなく、ボディパネルを再設計。空力性能向上と軽量化が図られた
▲室内もカーボンやアルミ、アルカンターラを用い軽量化。グローブボックスも廃された ▲室内もカーボンやアルミ、アルカンターラを用い軽量化。グローブボックスも廃された

【SPECIFICATIONS】
■グレード:458SPECIALE ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V8DOHC ■総排気量:4497cc
■最高出力:-(605)/9000[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:540(-)/6000[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:RR ■トランスミッション:7DCT
■全長×全幅×全高:4571×1951×1203(mm) ■ホイールベース:2650mm
■車両重量:1290kg
■JC08モード燃費:-km/L
■車両本体価格:3390万円(税込)

text/MJブロンディ photo/大子香山
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
up
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
down
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027