新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アストンマーティン ヴァンキッシュは「野獣の美女」である / navi

クルマニュース

アストンマーティン ヴァンキッシュは「野獣の美女」である / navi

(2015/02/26)

▲乗り手のファッションはもちろん、迎える相手や行き先、ライフスタイルにまで“特別”を要求する。言ってみれば、車が人を選んでしまうのだ。いいものはイイと、ハッキリ主張できる50歳以上の大人に▲乗り手のファッションはもちろん、迎える相手や行き先、ライフスタイルにまで“特別”を要求する。言ってみれば、車が人を選んでしまうのだ。いいものはイイと、ハッキリ主張できる50歳以上の大人に

野獣の美女。その価値、数字で語るべからず

目の前に差し出されて、乗っていいぞ! と言われた瞬間に、自分が別人、それも何か特別な人間、になったような気分になる。もちろん、同時に“自分には似つかわしくない”というためらいもあって、そう思わせるあたりがノーブルな英国ハイエンドブランド=ロールスロイスやベントレー、そしてアストンマーティンの個性であったりする。

アストンマーティンの中でも、ヴァンキッシュは、そしてそのネーミングは、やはり特別中の特別だ。どこか、畏れ多い。美女と野獣、ではなく、野獣の美女。

ZF製の8速ATを新たに組み合わせたMY15のヴァンキッシュ。走りの瞬間瞬間の洗練度は大いにアップしたが、鋭い牙と磨いだ爪を隠す猛獣を相手にするような感覚は、まるで失われていない。

クリスタルキーを差し込み、V12のクランキングを聞きながら、その目覚めを待つ一瞬、からして、今やレアな体験だ。

動きだすと、引き締まった筋肉のようなアルミニウムストラクチャーを感知することができる。最新の流行レベルで判ずれば、“ガチガチ”と言っていい乗り心地も、巧妙にまとめられたパッケージングの生む一体感ある走りを味わっているうちに、すっかり忘れてしまうことだろう。路面のすぐ上でノーズが鋭く動いているような感覚が、実にスポーツカーだ。

スーパースポーツ界にあって、600ps以下の数字は、確かに物足りない。けれども、踏み切れない700psよりも、気分はずっといい。

ノスタルジーをモダンに表現する上手さもまた、ブリティッシュハイクラスならではだ。

▲ダンパーも改良、前15%/後35%も固められた。新デザインの10スポーク鍛造アロイホイールを装着 ▲ダンパーも改良、前15%/後35%も固められた。新デザインの10スポーク鍛造アロイホイールを装着
▲前年モデルより10Nm向上。ギア比と最終減速比の変更により最高速は320km/h以上に、燃費も約11%向上 ▲前年モデルより10Nm向上。ギア比と最終減速比の変更により最高速は320km/h以上に、燃費も約11%向上
▲新しいデザイン・トリムカラーも用意された。エンジンマネージメントシステムも最新に ▲新しいデザイン・トリムカラーも用意された。エンジンマネージメントシステムも最新に

【SPECIFICATIONS】
■グレード:VANQUISH ■乗車定員:2名
■エンジン種類:V12DOHC ■総排気量:5935cc
■最高出力:-(576)/6650[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:630/5500[N・m/rpm]
■最大トルク:630(-)/5500[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4728×1912×1294(mm) ■ホイールベース:2740mm
■車両重量:1739kg
■JC08モード燃費:-km/L
■車両本体価格:3239.46万円(税込)

text/西川淳 Photo/大子香山、河野敦樹
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
3
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
4
keep
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
5
keep
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
6
keep
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
7
keep
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
8
up
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
9
keep
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
10
up
【試乗】新型 アウディ SQ2│小さくても侮ることなかれ! 300馬力のエンジンは高いパフォーマンスを発揮する(2020/06/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027