新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧そのステアリング、他人には譲らない。ベントレー ミュルザンヌ スピード / navi

クルマニュース

そのステアリング、他人には譲らない。ベントレー ミュルザンヌ スピード / navi

(2015/03/05)

▲平日はビジネスエクスプレスとしてリアシートで。そして週末には自らがそのステアリングを、という使い方がベストなのだろうか。いや、どうせならドライバーズシート以外には座らないという我儘を、そのカスタマーには貫いていただきたいと思います▲平日はビジネスエクスプレスとしてリアシートで。そして週末には自らがそのステアリングを、という使い方がベストなのだろうか。いや、どうせならドライバーズシート以外には座らないという我儘を、そのカスタマーには貫いていただきたいと思います

そのステアリング譲るべからず

ベントレーのフラッグシップサルーン、ミュルザンヌのラインナップに追加された、高性能モデル、「スピード」のステアリングを握った。

「絶対にこのステアリングは、つまりドライバーズシートに座る権利は、他人に譲ってはならない」。それが試乗を終えての正直な感想だった。

ミュルザンヌ スピードは、一般的には、至福の空間ともいえるリアシートに身を委ねるVIPをより速く目的地へと移動させるためのハイエンド・サルーンと考えられるモデルだろう。確かにその贅を尽くしたキャビンは、長時間の移動をもまったく苦にさせないばかりか、忙しいVIPの日常の中に、安らぎの時間を与えてくれる魅惑的な空間だ。デザイン、素材、装備、どれをとってもまさに一点の曇りもない。

けれどもベントレーは、常にドライビングファン、つまり走りの楽しさというものを、車作りの中で強く意識している。それはもちろんこのミュルザンヌ スピードでも同様のこと。6.75LのV型8気筒OHVエンジンは、最高出力&最大トルクで537ps&1100Nm。最新の8速ATを組み合わせることで、2685kgという重量級のウェイトを意識させない、実にスポーティな走りを演出してくれる。

537psの最高出力は、スタンダードなミュルザンヌに対して、わずか25psが強化されたのみ。したがって、ドライブの中でスピードに独自のキャラクターをより強く感じられたのは、シャシーセッティングのほうだった。センターコンソールのスイッチで、「スポーツ」のドライブモードを選択すれば、コーナリング時の動きは、さらに魅力的なものになる。ミュルザンヌ スピードは、正真正銘のドライバーズカーなのだ。

▲ステンレス製マトリックスグリルやヘッドライトなどをダークな色合いに。Speedバッジもさりげなく配置 ▲ステンレス製マトリックスグリルやヘッドライトなどをダークな色合いに。Speedバッジもさりげなく配置
▲豪華なインテリアは現代的な雰囲気に。シートなどにはダイアモンドキルト模様のレザーを採用 ▲豪華なインテリアは現代的な雰囲気に。シートなどにはダイアモンドキルト模様のレザーを採用
▲0-100km/h加速は4.9秒。気筒休止システムや、燃焼効率を13%向上させることで環境性能も高めた ▲0-100km/h加速は4.9秒。気筒休止システムや、燃焼効率を13%向上させることで環境性能も高めた

【SPECIFICATIONS】
■グレード:MULSANNE SPEED ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V8 OHVターボ ■総排気量:6752cc
■最高出力:537/6000[ps/rpm]
■最大トルク:1100/1750[N・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:5575×1926×1521(mm) ■ホイールベース:3266mm
■車両重量:2685kg
■車両本体価格:3835万円(税込)

text/山崎元裕 photo/ベントレーモーターズジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
6
up
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
10
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027