新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧そのステアリング、他人には譲らない。ベントレー ミュルザンヌ スピード / navi

クルマニュース

そのステアリング、他人には譲らない。ベントレー ミュルザンヌ スピード / navi

(2015/03/05)

▲平日はビジネスエクスプレスとしてリアシートで。そして週末には自らがそのステアリングを、という使い方がベストなのだろうか。いや、どうせならドライバーズシート以外には座らないという我儘を、そのカスタマーには貫いていただきたいと思います▲平日はビジネスエクスプレスとしてリアシートで。そして週末には自らがそのステアリングを、という使い方がベストなのだろうか。いや、どうせならドライバーズシート以外には座らないという我儘を、そのカスタマーには貫いていただきたいと思います

そのステアリング譲るべからず

ベントレーのフラッグシップサルーン、ミュルザンヌのラインナップに追加された、高性能モデル、「スピード」のステアリングを握った。

「絶対にこのステアリングは、つまりドライバーズシートに座る権利は、他人に譲ってはならない」。それが試乗を終えての正直な感想だった。

ミュルザンヌ スピードは、一般的には、至福の空間ともいえるリアシートに身を委ねるVIPをより速く目的地へと移動させるためのハイエンド・サルーンと考えられるモデルだろう。確かにその贅を尽くしたキャビンは、長時間の移動をもまったく苦にさせないばかりか、忙しいVIPの日常の中に、安らぎの時間を与えてくれる魅惑的な空間だ。デザイン、素材、装備、どれをとってもまさに一点の曇りもない。

けれどもベントレーは、常にドライビングファン、つまり走りの楽しさというものを、車作りの中で強く意識している。それはもちろんこのミュルザンヌ スピードでも同様のこと。6.75LのV型8気筒OHVエンジンは、最高出力&最大トルクで537ps&1100Nm。最新の8速ATを組み合わせることで、2685kgという重量級のウェイトを意識させない、実にスポーティな走りを演出してくれる。

537psの最高出力は、スタンダードなミュルザンヌに対して、わずか25psが強化されたのみ。したがって、ドライブの中でスピードに独自のキャラクターをより強く感じられたのは、シャシーセッティングのほうだった。センターコンソールのスイッチで、「スポーツ」のドライブモードを選択すれば、コーナリング時の動きは、さらに魅力的なものになる。ミュルザンヌ スピードは、正真正銘のドライバーズカーなのだ。

▲ステンレス製マトリックスグリルやヘッドライトなどをダークな色合いに。Speedバッジもさりげなく配置 ▲ステンレス製マトリックスグリルやヘッドライトなどをダークな色合いに。Speedバッジもさりげなく配置
▲豪華なインテリアは現代的な雰囲気に。シートなどにはダイアモンドキルト模様のレザーを採用 ▲豪華なインテリアは現代的な雰囲気に。シートなどにはダイアモンドキルト模様のレザーを採用
▲0-100km/h加速は4.9秒。気筒休止システムや、燃焼効率を13%向上させることで環境性能も高めた ▲0-100km/h加速は4.9秒。気筒休止システムや、燃焼効率を13%向上させることで環境性能も高めた

【SPECIFICATIONS】
■グレード:MULSANNE SPEED ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V8 OHVターボ ■総排気量:6752cc
■最高出力:537/6000[ps/rpm]
■最大トルク:1100/1750[N・m/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:5575×1926×1521(mm) ■ホイールベース:3266mm
■車両重量:2685kg
■車両本体価格:3835万円(税込)

text/山崎元裕 photo/ベントレーモーターズジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
2
keep
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
3
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
4
up
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
5
keep
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
6
down
【試乗】マツダ MAZDA3ファストバックとミニ ミニ ジョン・クーパー・ワークス|和洋ハッチバックに乗って感じた、対極に思えるモデルでも共通点があるのだと(2020/08/11)
7
up
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
8
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス ガソリン&ハイブリッド│ボディ剛性と静粛性が高い! ついスポーティな走りがしたくなる(2020/05/30)
9
up
【試乗】トヨタ 86GR|新車価格にも納得のクオリティの高さ! さすがメーカーの息がかかったチューニングモデルだ(2020/07/11)
10
down
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027