新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧日産 フーガはビッグマイナーチェンジを受け、大幅に“質”が進化した / navi

クルマニュース

日産 フーガはビッグマイナーチェンジを受け、大幅に“質”が進化した / navi

(2015/03/17)

▲フロントマスクが精悍になった。エンブレムはインフィニティとなり存在感が増した。写真はハイブリッドモデル▲フロントマスクが精悍になった。エンブレムはインフィニティとなり存在感が増した。写真はハイブリッドモデル

マイナーチェンジで精悍さが高まった

2009年に登場した2代目フーガが2015年2月にマイナーチェンジされた。インフィニティブランドのアイデンティティであるフロントグリルが採用され、さらに精悍さが高まっている。グリル開口部の両脇とヘッドライトの目頭を近づけ、ヘッドライトを低く見せるデザインとなった。

リアスタイルは質感のあるテールライトやバンパーとトランクリッドの形状を変え、存在感が増した。上手なマイナーチェンジだと感じる。

乗り心地と静粛性が向上

ハイブリッドモデルの前期型には、優れた加速力に反し燃費が良好なことと、走行中のエンジンノイズが少々目立っていた印象があった。

しかしマイナーチェンジ後のモデルは、エンジン始動から全く別物の印象を受けた。かすかに聞こえてくるエンジンの音に心地よさと上質感がある。EV走行に切り替わったときの静粛性も向上し、高級車として申し分ないレベルだ。

内装は、以前からこのクラスでは群を抜いて質感が高い。市街地での試乗だったが、サスペンションはしなやかに動いて路面から伝わる小刻みな振動を吸収しており、乗り心地は上品だ。マイナーチェンジであっても本気で取り組めば、これほどまでに上質な仕上がりになるという良い例だろう。

剛性感が増し、よりスポーティに

続いてガソリン仕様だ。試乗したのは370GT type S。乗り始めから分かる進化はボディ剛性の向上だ。ボディ剛性は、サスペンションの働きを最大限に生かし、路面から伝わる振動をコントロールできることにつながる。それは大径の20インチホイールを装着しているにも関わらず、下からの突き上げを最小限に抑えていることから感じ取れる。路面からのノイズも低減されており、静粛性も申し分ない。

ハンドリングはスポーティだが、車体の挙動はしっとりと落ち着いており、ドライビングフィールは軽やかである。搭載される7速ATの変速リズムは最適で、加速が気持ちいい。マイナーチェンジであるが、フーガは質の違った1台へと変貌した

▲モーターとエンジンの制御は、力強いモーターから加速してエンジンにバトンタッチをする欧州車のようなセッティングでメリハリがある ▲モーターとエンジンの制御は、力強いモーターから加速してエンジンにバトンタッチをする欧州車のようなセッティングでメリハリがある
▲あえてひとつ苦言があるとすれば、搭載しているバッテリーによりこのクラスのセダンにしてはトランクルームが狭いということだ ▲あえてひとつ苦言があるとすれば、搭載しているバッテリーによりこのクラスのセダンにしてはトランクルームが狭いということだ
▲ハイブリッドモデルのインテリア。落ち着きがあり高級車としての質感は高い ▲ハイブリッドモデルのインテリア。落ち着きがあり高級車としての質感は高い
▲ガソリンモデルはフロントバンパーの形状がハイブリッドモデルと異なる。アルミは20インチの大口径となるが、乗り心地は損なわれていない(写真:ガソリンモデル370GT type S) ▲370GT type Sは、フロントバンパーの形状がハイブリッドモデルと異なる。さらに大口径の20インチアルミホイールが採用されているが、乗り心地は損なわれていない
▲質感のあるテールライトとバンパーとトランクリッドの形状が変更されている。それにより存在感あるデザインとなった ▲質感のあるテールライトとバンパーとトランクリッドの形状が変更されている。それにより存在感あるデザインとなった

【SPECIFICATIONS】
■グレード:HYBRID ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHC+モーター ■総排気量:3498cc
■最高出力:225(306)/6800[kW(ps)/rpm]+50(68)[kW(ps)]
■最大トルク:350(35.7)/5000[N・m(kgf・m)/rpm]+290(29.6)[N・m(kgf・m)]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:7AT
■全長×全幅×全高:4980×1845×1500(mm)
■ホイールベース:2900mm ■車両重量:1850kg
■JC08モード燃費:18.0km/L
■車両本体価格:620万5680円

■グレード:370 GT type S ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHC ■総排気量:3696cc
■最高出力:245(333)/7000[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:363(37.0)/5200[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:7AT
■全長×全幅×全高:4980×1845×1500(mm)
■ホイールベース:2900mm ■車両重量:1770kg
■JC08モード燃費:8.9km/L
■車両本体価格:562万2480円

text/松本英雄 photo/奥隅圭之
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルピーヌ A110S │腕自慢に乗ってほしい! 本場アルプスで鍛えられた、超ストイックなリアルスポーツカー(2020/05/22)
【試乗】新型 BMW X7|500km以上の道のりでも駆けぬける歓びが絶えず湧き上がるラグジュアリーSUV(2020/05/18)
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
【試乗】BMW 8シリーズグランクーペ M850i xドライブ│長距離は大得意! とにかくエレガントな4ドアクーペ(2020/04/28)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型トヨタ グランエース│後席が快適なことはもちろんドライバーにも気を利かせたモデル(2020/04/12)
3
up
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
4
down
【試乗】ホンダ フリード+ クロスター│滑らかな走りと広々室内が魅力の1台(2020/04/29)
5
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
6
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
down
【試乗】新型 ホンダ N-WGN│室内広々、出だしは力強い! 街乗りにピッタリな1台(2020/04/18)
9
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
10
down
【試乗】ポルシェ パナメーラスポーツツーリスモ GTS│ワゴンながらその名に恥じない運動性能の高さがたまらない(2020/05/14)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027