新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ V40 T4はさらに乗り味がマイルドになった / navi

クルマニュース

ボルボ V40 T4はさらに乗り味がマイルドになった / navi

(2015/03/20)

▲またひとつ進化した2015年モデルのボルボ V40。14年モデルまでのオーナーなら驚くほどの違いを感じるかもしれない▲またひとつ進化した2015年モデルのボルボ V40。14年モデルまでのオーナーなら驚くほどの違いを感じるかもしれない

15年モデルは買いなのか!?

近年、PCやスマホに負けず劣らず車のイヤーモデルにおける進化がすごい。

2013年の導入以来約2年、実はこれまでV40ではエントリーモデルのT4にもスポーティな「ダイナミックシャシー」が採用されていた。リアはモノチューブダンパー、というマニアックさでスポーティな乗り味を好む向きには好評だったのだが、一方でオーナーからは硬いという声も寄せられていたという。そこでスポーツ路線はR-DESIGNに任せ、2015年モデルのT4には快適性重視の「ツーリングシャシー」が採用された。

また、従来は17インチホイール装着車の最小回転半径が16インチ車の5.2mに対して5.7mになるというデメリットもあった。これも17インチホイールのリム幅の変更により16インチと同等に改善されている。

走りだせばすぐに乗り味がマイルドになったことがわかる。きっと14年モデルまでのオーナーなら驚くほどの違いを感じるだろう。エントリーモデルといっても1.6L直噴ターボエンジンは180馬力と十分にパワフル。デュアルクラッチの6速パワーシフトの洗練度もあがっており、ぎくしゃく感のようなものはまったくない。するすると滑らかにまるでトルコンATのように走る。

外観のアップデイトのみどころは、ヘッドライトの下方にあるこれまではクロムメッキのバーだった箇所にLEDドライビングライトが付いたこと。さり気なく、でも一気にモダンな印象になる近年のマストアイテムと言えるだろう。

さらにこのモデルに限らずだがボルボは2015年モデルから先進安全・運転支援システム「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」を全モデル・全グレードで標準装備としている。まさにボルボのボルボたる所以だ。国産車もようやく採用するようになってきたが、全車速追従機能付きACCのチューニングなどにもさすがに一日の長がある。個人的にはもはやロングドライブには欠かせないモノだ。

これらに加えて、ナビゲーションシステムもサプライヤーが変更になり、インターネット接続機能やボイスコントロール機能が備わるものに一新されている。これらすべてが標準装備というから、「T4 SE」の365万円という価格も納得がいくというものだ。

メーカーがイヤーモデル制で車をどんどんアップデイトしていくことに、既存オーナーに対していかがなものかと異論を唱える人がいるという。気持ちは分からなくはないが、でもそれは違うと思う。メーカーがやるべきはその時そのタイミングでのベストを出し続けることだ。それが本当の意味でのユーザーファーストである。ではいつ買えばいいのか。今さら「いまでしょ」とは言わないでおく。

▲リム幅の変更により取りまわしが向上した17インチホイールを装着 ▲リム幅の変更により取りまわしが向上した17インチホイールを装着
▲180馬力を発生する1.6L直噴ターボエンジン。6速ATとの相性もよい ▲180馬力を発生する1.6L直噴ターボエンジン。6速ATとの相性もよい
▲本革/パーフォーレ―テッドレザー・コンビネーションシート。落ち着いた雰囲気の中にもスポーティーさがあるインテリアだ ▲本革/パーフォーレ―テッドレザー・コンビネーションシート。落ち着いた雰囲気の中にもスポーティーさがあるインテリアだ

【SPECIFICATIONS】
■グレード:T4 ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHCターボ ■総排気量:1595cc
■最高出力:132(180)/5700[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:240(24.5)/1600-5000[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:FF ■トランスミッション:6AT
■全長×全幅×全高:4370×1800×1440(mm) ■ホイールベース:2645mm
■車両重量:1430kg
■JC08モード燃費:16.2km/L
■車両本体価格:315万円(税込)

text/藤野太一 photo/郡 大二郎
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027