新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ S660のプロトタイプに試乗。シャシー性能の高さがドライビングの喜びを引き出していた / navi

クルマニュース

ホンダ S660のプロトタイプに試乗。シャシー性能の高さがドライビングの喜びを引き出していた / navi

(2015/03/26)

▲ホンダ S660のプロトタイプを専用コースにて試乗!▲ホンダ S660のプロトタイプを専用コースにて試乗!

シャシーの性能が支える抜群の安定性

すでに噂が先行しているホンダの軽自動車ミッドシップスポーツカーであるS660。そのプロトタイプを、専用コースでついに試乗することができた。試乗する前にシャシーのカットモデルを見てみると、ボディ剛性を追求した痕跡がある。コンパクトながら骨太だ。もう少し大きなユニットを搭載しても十分通用しそうだ。

まずはトップの幌は外して、6MTに試乗した。ボタンを押してエンジンを始動する。3気筒だが良い音色だ。1速に入れてクラッチを繋ぐ。トランスミッションは軽く、それでいてダイレクトな操作フィーリングだ。それ程回転数を上げなくてもターボチャージャーはNAのように扱いやすい。そしてサスペンションがよく動いているため、ゴツゴツとした雰囲気は皆無だ。

速度を上げて、時速110kmでスラロームに入る。アクセルを踏み込んだ瞬間にブローオフバルブの音が甲高く後ろから聞こえる。普通であれば消音するところを、わざと音を演出することでドライバーの気持ちを高揚させる。限界性能は極めて高く、ドライな路面ならば驚くほど思いどおりに走り抜けられる。

少しオーバースピードで高速コーナに侵入しても、スムーズに切り抜けることができる。エンジンの出力よりもタイヤのグリップ力やシャシーの性能が上回っているので、抜群に安定しているのだ。できる限りのシャシー性能を高めることで、ドライビングの喜びを車から引き出している。それがこのS660なのだと思わずにはいられない。

次にCVTに乗る。正直に言うとあまり期待していなかったが、MT以上にスムーズに乗りこなすことができた。今までにないほど安心して乗れるミッドシップスポーツカーの登場を予感させた1台であった。

▲シャシーからでもボディ剛性の高さがうかがえる ▲シャシーからでもボディ剛性の高さがうかがえる
▲シャシー性能が高められたことで、ドライビングの喜びが引き出されている ▲シャシー性能が高められたことで、ドライビングの喜びが引き出されている
▲高速でコーナに侵入しても、スムーズに切り抜けることができる ▲高速でコーナに侵入しても、スムーズに切り抜けることができる
text/松本英雄 photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
魔法の絨毯のようなロールス・ロイス ファントムは、運転席こそが特等席だ(2018/05/09)
ライバルひしめくDセグに乗り込んだジュリアは、イタリア車の既成概念を打ち破る1台だ(2018/05/05)
情熱にも冷静にも対応できる車、それがアウディ Q5だ(2018/05/01)
ディーゼル車はパワーを、ガソリン車はインテリジェンスを手に入れたマツダ CX-5(2018/04/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027