新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェ カイエン ターボS/GTS、そのフットワークの良さに唸らされた / navi

クルマニュース

ポルシェ カイエン ターボS/GTS、そのフットワークの良さに唸らされた / navi

(2015/03/30)

SUVに求められる高い実用性や、優れた走破性を備える一方で、オンロードでの圧倒的なパフォーマンス、操り甲斐ある走りの歓びをも実現したカイエン ターボS&GTSは、大人の我儘を、家族など誰かを我慢させることなくすべて叶えてくれる存在なのだSUVに求められる高い実用性や、優れた走破性を備える一方で、オンロードでの圧倒的なパフォーマンス、操り甲斐ある走りの歓びをも実現したカイエン ターボS&GTSは、大人の我儘を、家族など誰かを我慢させることなくすべて叶えてくれる存在なのだ

磨きをかけた“アスリート資質”

フェイスリフトされたばかりのカイエンに追加されたターボS、そしてGTSのテストのために向かったのは、真冬のスウェーデン。

新型ターボチャージャーの採用でターボ比50ps増の最高出力570psとなったターボS。ニュルブルクリンク北コースを7分59秒で駆け抜ける。そして新たに最高出力440psのV型6気筒3Lターボエンジンを得て、同じく8分13秒というタイムをマークするGTSという、カイエンのアスリート性能をフィーチャーした2台は、果たして雪と氷の舞台でどんな走りを楽しませてくれたのか。

まず唸らされたのは、両車に共通してフットワークが良いということだ。剛性感高いボディとスムーズに動くサスペンション、電子制御4WDシステムなどが相まって、路面状況が刻一刻と変化する一般道でも、とにかく安心してペースを上げられる。更にテストコースに持ち込めば、容易にドリフトを楽しむこともできた。

どちらも走りはとても印象的。中でも、有り余るほどのパワーが刺激的な走りを可能にしているターボSは、並のスポーツカーをも蹴散らすパフォーマンスを誇りながら、そのままゲレンデにも直行できる1台と言える。それに対してGTSは全域レスポンスに優れたエンジンとローダウンされた専用のシャシーがもたらすコントローラブルな走りで、雪山ですら走りの醍醐味を存分に味わえるモデルと評することができる。

カイエンの持ち前のアスリートとしての資質に更に磨きをかけたこの2台。違いはパワーの多少だけでなく、それぞれに異なる魅力、操るよろこびを持っていた。こんなSUVは、ポルシェにしか作れまい。

GTSはSより24mm低い車高や、スポイラーなどを備えるスポーツデザインパッケージで走りを予感させるスタイルに GTSはSより24mm低い車高や、スポイラーなどを備えるスポーツデザインパッケージで走りを予感させるスタイルに
運転スタイルとGPSデータを用いた地形予測により、その先のギア選択を用意するSATを標準装備 運転スタイルとGPSデータを用いた地形予測により、その先のギア選択を用意するSATを標準装備
エグゾーストマニホールドにターボチャージャーを直接統合、ダイレクトなレスポンスと燃費向上に貢献する エグゾーストマニホールドにターボチャージャーを直接統合、ダイレクトなレスポンスと燃費向上に貢献する

【SPECIFICATIONS】
■グレード:TURBO S ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V8DOHCツインターボ ■総排気量:4806cc
■最高出力:570/6000[ps/rpm]
■最大トルク:800/2500-4000[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4855×1955×1700(mm) ■ホイールベース:2895mm
■車両重量:2310kg
■車両本体価格:2235万円(税込)

■グレード:GTS ■乗車定員:5名
■エンジン種類:V6DOHCツインターボ ■総排気量:3604cc
■最高出力:440/6000[ps/rpm]
■最大トルク:600/1600-5000[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4855×1955×1690(mm) ■ホイールベース:2895mm
■車両重量:2170kg
■車両本体価格:1389万2727円(税込)

text/島下泰久 photo/ポルシェ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027