新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキの新型SUV、SX4 S-CROSSは「ALLGRIP」によって走りの安定性が高まった / navi

クルマニュース

スズキの新型SUV、SX4 S-CROSSは「ALLGRIP」によって走りの安定性が高まった / navi

(2015/04/28)

▲スズキの小型乗用車のノウハウとSUVの技術を結集して作り上げられたSX4 S-CROSS▲スズキの小型乗用車のノウハウとSUVの技術を結集して作り上げられたSX4 S-CROSS

注目は4つの走行モードを選べるシステムであるALLGRIP

初代SX4から8年の歳月を経て登場したSX4 S-CROSS。先代に比べてホイールベースを100mm延長したため一回り大きくなり、存在感が増した。

今回、試乗したのは4WDモデル。乗り込むと、走り出しはとても軽快で先代よりも質の向上を感じた。およそ1200kgの車体をグイグイと引っ張り、登りの山間部を走らせて副変速機付きのCVTの威力を感じる。ただしエンジン回転を高め続けると、ノイズが気になる事もある。

山間部を走行した時にロールを感じたが、不安は無い。ボディが水平に保たれているのは、フロントのマクファーソンストラット方式のサスペンションがしっかりしているため。リアはボディ設計の自由度が高いトーションビーム方式を取り入れ、アライメント変化が少ない。サスペンションのストロークが伸びた状態でのコーナリングは路面をとらえにくいため不安な動きになるが、4WDの恩恵はそういった場合で発揮する。

この車のポイントのひとつは走行モードを選べるALLGRIPというシステム。電子デバイスを経て、その時の路面状況に応じた最適なアウトプットをして、スタビリティを良好にする。そのためコーナリング時にフロントの接地が悪くなると、リアから押されるような動力変化をし、高い安定性のドライビングが楽しめる。

下りでALLGRIPのモードをワインディングなどでの走行に適したSPORTモードにし、エンジンブレーキを利かせながら走る。下り坂では荷重の関係でリアが不安定になりがちだ。しかしエンジンブレーキを使い接地性を高めながら、丁寧なハンドリングを心がければその心配はなくなる。

気になったのは軽量化によるリアの剛性不足。利便性を求めて、リアハッチの形状は開口部が広くて良いが、後部座席からのボディアンダーパネルと開口部の剛性が足らないように思えた。実際、路面からの凹凸をサスペンションが吸収しきれないと、リアからボディのバイブレーションが発生する。

気になったのは軽量化によるリアボディの剛性不足。路面からの凹凸をサスペンションが吸収しきれず、バイブレーションが発生した。ここは今後、改善して欲しい点である。

▲先代SX4にから全長150mm、全幅35mm、全高5mm拡大。ホイールベースも100mm長くなり大型化した ▲先代SX4にから全長150mm、全幅35mm、全高5mm拡大。ホイールベースも100mm長くなり大型化した
▲1.6Lの直4DOHCエンジンを搭載。排気量は先代の最終型よりも100ccアップしている ▲1.6Lの直4DOHCエンジンを搭載。排気量は先代の最終型よりも100ccアップしている
▲優れた走破性や走行安定性を実現する電子制御4WDシステムである「ALLGRIPシステム」を採用。AUTO、SPORT、SNOW、LOCKの4つの走行モードを選択できる ▲優れた走破性や走行安定性を実現する電子制御4WDシステムである「ALLGRIP」を採用。AUTO、SPORT、SNOW、LOCKの4つの走行モードを選択できる
▲新型のラゲージ容量は420Lとリヤシートを倒すことなく9.5インチのゴルフバックが3個積載できる。また開口部の幅は広げ、高さを下げることで、荷物の積み下ろしが容易にできるように設計されている ▲新型のラゲージ容量は420Lとリヤシートを倒すことなく9.5インチのゴルフバックが3個積載できる。また開口部の幅は広げ、高さを下げることで、荷物の積み下ろしが容易にできるように設計されている

【SPECIFICATIONS】
■グレード:SX4 S-CROSS ■乗車定員:5名
■エンジン種類:直4DOHC ■総排気量:1586cc
■最高出力:86(117)/6000[kW(ps)/rpm]
■最大トルク:151(15.4)/4400[N・m(kgf・m)/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:CVT
■全長×全幅×全高:4300×1765×1575(mm) ■ホイールベース:2600mm
■車両重量:1210kg
■JC08モード燃費:17.2km/L
■車両本体価格: 225万7200円(税込)

text/松本英雄 photo/奥隅圭之、篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027