新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧新型スズキ エブリイワゴンは、超高張力鋼板などが使用され安定性と乗り心地が向上した / navi

クルマニュース

新型スズキ エブリイワゴンは、超高張力鋼板などが使用され安定性と乗り心地が向上した / navi

(2015/04/30)

▲新型エブリイワゴンは荷室や居住スペースを拡大しただけではなく、全グレードにターボ付エンジンを搭載することで力強い走りも実現している▲新型エブリイワゴンは荷室や居住スペースを拡大しただけではなく、全グレードにターボ付エンジンを搭載することで力強い走りも実現している

素材を改良し、軽量化しながら安定性も獲得

エブリイには商用モデルと、乗用モデルのエブリイワゴンがある。最大のトピックは車重を軽量化したこと。通常よりも強度を上げつつ、薄肉化できる超高張力鋼板を使用することで先代よりも最大で40kgも軽くなっている。

そんなエブリイの乗用モデルであるエブリイワゴンのPZターボスペシャルという3DOHCエンジンにターボチャージャーが付いたトップグレードのFR仕様に試乗した。

トランスミッションは4AT。ギア比に差があるので、よほど粘り強いエンジンでないと回転数が落ちてしまうが……果たしてどうだろうか。トルクは最大で9.7kg-mと1L級の出力を誇るが、NAのように扱いやすい。パワーバンドも広く、4ATでも苦にならない。静粛性は良好だ。荷室が広いクルマは剛性が落ちるため、乗り心地も悪くなりがちだが、エブリイワゴンはボディの剛性が高く、乗り心地も予想以上にいい。商用モデルとは異なり、うまくロールさせながら走れて、乗用車に相応しいフィールといえる。

1475mmというタイトな車幅で1815mmという車高なので、重心が高く、操縦安定性が低いのではないかと思っていたが、コーナリングに差し掛かってもサスペンションがグッと溜めて、うまくいなしてくれるので、怖くはない。ウェットな路面状況でも終始安定している。ステアリングギアボックスもしっかりと改良されており、山間部のワインディングでのハンドリングはまずまずだ。ステアリングの操縦安定性は抜群で、キビキビとした走りも感じられる。

素材の使い方を変更することで、軽量化を実現し、かつ剛性感を向上させた。その結果、安定性と乗り心地の良さを獲得しているのだ。長期間にわたってモデルチェンジを繰り返し、開発に取り組んだだけのことはある。地味な装いの中に高いドライバビリティを隠し持っている1台だ。

▲ボディの形状は標準とハイルーフの2種類ラインナップしている。ハイルーフは標準タイプに比べて全高が95mm高い ▲ボディの形状は標準とハイルーフの2種類ラインナップしている。ハイルーフは標準タイプに比べて全高が95mm高い
▲ハイルーフタイプでは従来よりも室内高を35mm、室内幅を50mm拡大し、広々とした室内空間を実現。リアシートは180mmスライドできる ▲ハイルーフタイプでは従来よりも室内高を35mm、室内幅を50mm拡大し、広々とした室内空間を実現。リアシートは180mmスライドできる
▲最上級グレードであるPZ ターボスペシャルには助手席側のパワースライドドアの開閉と連動してステップが自動的に出現するオートステップが装備されている ▲最上級グレードであるPZ ターボスペシャルには助手席側のパワースライドドアの開閉と連動してステップが自動的に出現するオートステップが装備されている
▲ユーティリティナットを上下10ヵ所に新設定したラゲージスペースは、多彩な空間アレンジが可能。ネットラックやハンガー受けなどのアクセサリーも用意されている ▲ユーティリティナットを上下10ヵ所に新設定したラゲージスペースは、多彩な空間アレンジが可能。ネットラックやハンガー受けなどのアクセサリーも用意されている

【SPECIFICATIONS】
■グレード:PZターボスペシャル 標準ルーフ■乗車定員:4名
■エンジン種類:直3DOHCターボ ■総排気量:658cc
■最高出力:47(64)/6000[kw(ps)/rpm]
■最大トルク:95(9.7)/3000[n・m(kg・m)/rpm]
■駆動方式:FR ■トランスミッション:4AT
■全長×全幅×全高:3395×1475×1815(mm) ■ホイールベース:2430mm
■車両重量:970kg
■JC08モード燃費:16.2km/L
■車両本体価格:164万1600円(税込)

text/松本英雄 photo/奥隅圭之、篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
【試乗】新型 メルセデスベンツ EQC|ベンツ初のピュアEVは、“電気っぽさ”をあえて抑えた新感覚のドライビングフィール(2019/11/23)
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
6
up
【試乗】スバル レヴォーグ(現行型)/レガシィツーリングワゴン(初代・2代目)|スバルの新旧ワゴンをイッキ乗り!(2019/10/22)
7
down
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
8
up
【新型】日産 デイズ|ベーシックな軽ワゴンに上質さをプラス(2019/09/20)
9
down
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
10
up
【試乗】新型 日産 スカイライン|手放し運転が可能な『プロパイロット2.0』の安定感は抜群!(2019/09/19)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027