新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ XC90は北欧らしいクリーンなイメージの1台である / navi

クルマニュース

ボルボ XC90は北欧らしいクリーンなイメージの1台である / navi

(2015/05/21)

▲ライバルたちの見た目がドギツさを増す中で、ボルボらしい、あるいは北欧生まれらしいクリーンな外観はかえって強い個性となり得る。意匠も使い勝手も洗練されたインテリアも大きなアピールになりそう。ギラギラさせずサラッと乗りこなしたい、使いこなしたい▲ライバルたちの見た目がドギツさを増す中で、ボルボらしい、あるいは北欧生まれらしいクリーンな外観はかえって強い個性となり得る。意匠も使い勝手も洗練されたインテリアも大きなアピールになりそう。ギラギラさせずサラッと乗りこなしたい、使いこなしたい

ボルボらしい信頼感や安心感がさらに進化

ボルボ XC90、何と13年ぶりの新型は、デザインに注目である。外観は、オーバーハングが短くボンネットの長さが強調された美しいプロポーションで魅せる。インテリアも同様にシンプルな仕立て。特徴的な縦型のタッチスクリーンに様々な機能を集約することで、スイッチ類を大幅に削減しているのだ。

それでいて外装は北欧神話の雷神トールが持つトールハンマーをモチーフにしたLEDライト、内装ではクリスタルを使ったシフトノブなど、細部にも捻りが利いている。これなら所有欲をしっかり満たしてくれるだろう。

125kgの軽量化を図りつつもボディには剛性感があり、フロントにダブルウィッシュボーン式、リアにもマルチリンク式を奢ったサスペンションとの組み合わせで、操舵に対する確かな応答性を実現。ボルボらしい信頼感や安心感が、さらに進化したかたちで実現されている。

エンジンはすべて、直列4気筒2Lターボ。T6が積むガソリン仕様はスムーズさが光り、ツインターボ・ディーゼルのD5は実用域の豊かなトルクと高回転域の伸びで魅了する。さらに、プラグインハイブリッドのT8も用意。システム最高出力は400psに達し、しかもEUモードの燃費はリッター当たり20kmを実現している。

内外装のデザインも走りも、さらにはボルボ自慢の安全性もアップ・トゥ・デートの仕上がりとされた新型XC90は、競争が激化しているプレミアムSUV市場で十分アピールできるはず。単に進化しているだけでなく、新しくかつボルボらしいテイストが際立っているのがいい。

日本上陸は来年初頭とまだ先だが、他モデルを検討している人も含め、待つ価値は十分アリだ。

▲交差点などでの出会い頭の衝突を防ぐ自動ブレーキや、道路逸脱時に乗員を保護する機能など、安全装備もさらに充実 ▲交差点などでの出会い頭の衝突を防ぐ自動ブレーキや、道路逸脱時に乗員を保護する機能など、安全装備もさらに充実
▲センター部には縦型のタッチスクリーンを配置。Sensusと名付けられたボルボの新しいインターフェイスが備わる ▲センター部には縦型のタッチスクリーンを配置。Sensusと名付けられたボルボの新しいインターフェイスが備わる
▲2/3列目シートは分割可倒式となり使い勝手も良い。ラゲージ容量は最大1868L ▲2/3列目シートは分割可倒式となり使い勝手も良い。ラゲージ容量は最大1868L

【SPECIFICATIONS】
■グレード:T8 AWD ■乗車定員:5/7名
■エンジン種類:直4DOHCターボ+スーパーチャージャー+モーター ■総排気量:1969cc
■最高出力:318/6000+82[ps/rpm]
■最大トルク:400/2200-5400+240[N・m/rpm]
■駆動方式:4WD ■トランスミッション:8AT
■全長×全幅×全高:4950×1960×1765(mm) ■ホイールベース:2985mm
■車両重量:2343kg

text/島下泰久 photo/ボルボ・カー・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027